NTT西日本大阪病院
研修医について

選択必修研修科目の概要

産婦人科

1.基本理念と特徴
将来いかなる診療科を研修するにせよ、医師として最低限、理解、習得しなければならない分野として、産婦人科が設定された。産婦人科の研修は、研修協力施設の大阪府母子保健総合医療センター産婦人科にて0.5ヶ月の研修を行う。産婦人科医としての留意点を含め、医師として必要な基本的姿勢を学ぶ。
2.研修計画
  • 指導医、他の医療従事者とのコミュニケーション
  • EBMに基づく問題点の検討
  • 安全確認の考え方
  • 患者の病歴聴取、インフォームド・コンセント
  • カンファレンス、勉強会への参加、症例の提示
  • クリニカル・パスの利用と、入院診療計画、退院後の社会復帰の検討
  • 診療録記載の経験
  • 簡単な細菌学的検査
  • 超音波検査(経腹、経膣)
  • MRI、CTの読影
  • 注射、採血(成人、新生児)
  • 手術の実施
  • 書類作成(紹介状、処方箋、診断書、死亡診断書);内容、迅速性
3.経験が求められる疾患・病態

(1)妊娠分娩

  • 正常妊娠の診断:妊娠反応、尿中HCG値の判断、超音波における胎児評価
  • 切迫流産、その他の流産の診断と処置:症状、HCG値、超音波検査、子宮内清掃術の決定
  • 子宮外妊娠の診断と治療:症状、超音波、ダグラス窩穿刺の必要性、手術、インフォームド・コンセント
  • 正常分娩の取り扱い:分娩開始(入院)の判断、分娩過程(子宮口の開大、児の下降)、胎児監視装置の見方、分娩の立会い、新生児の評価、胎盤の観察
  • 緊急帝王切開術:手術の適応、インフォームド・コンセント、手術の立会い
  • 切迫早産・早産:症状、診断、治療
  • 産褥の観察:産後の子宮収縮、出血
  • 乳汁分泌と乳腺炎:乳頭の観察、乳汁分泌、乳腺炎の治療

(2)女性生殖器及びその関連疾患

  • 無月経:問診、無月経の鑑別診断、治療法
  • 思春期、更年期障害:問診、治療法の選択
  • 外陰膣感染症:分泌物培養(真菌、トリコモナス、クラミジア、淋菌)、感染症の鑑別、治療
  • 骨盤内感染症:症状、血液検査、起炎菌(クラミジア、他の菌)の鑑別と治療
  • 骨盤内腫瘍:症状、超音波検査、MRI、CT,インフォームドコンセント、手術の立会い、術後経過の観察
一覧にもどる