NTT西日本大阪病院
研修医について

基本研修科目の概要

救急

中河内救命救急センターでの三次救急を2ヶ月間研修、大阪警察病院でのER研修を1ヶ月行う。なお夜間休日救急対応外来については、3ヶ月の研修期間のみならず、2年間の研修期間全体を通じて参画する。
1.救急研修の理念
心肺機能停止、緊急を要する病態や疾病、などに対して適切な初期対応ができるようになるために研修を行う。そのために、1)救急患者のバイタルサインの把握、2)重症度と緊急度の評価、3)ショックの診断と治療、4)二次救命処置(ACLS=Advanced Cardiovascular Lif Support)の実施、5)頻度の高い救急疾患の初期治療に関する研修を重点的に実施する。
2.研修内容
  • 心肺停止、ショック、意識障害、脳血管障害、急性心不全、急性呼吸不全、急性腎不全、急性腹症、急性消化管出血など緊急を要する症状・病態の初期治療に参加する。
  • バイタルサインを把握して重傷度や緊急度および病態を診断し検査、治療方針を立案する。
  • 気道確保、人工呼吸、心マッサージ、およびこれらを総合した二次救命処置(ACLS)、ショックの診断と治療などを習得させる。また一次救命処置(BLS=Basic Life Support)を指導できるようにする。
  • 専門医にコンサルテーションできるよう病態を適切に把握できるようにする。
  • 日常臨床で頻繁に遭遇する一次・二次救急処置に対する初期治療ができるようにする。救急外来の初療はその日の担当医(当直医)を中心として、参加できる医師はすべてに協力して行う。
3.経験目標

(1)手技に関するもの

  • 心肺蘇生法
  • 気管内挿管
  • 除細動
  • 創傷処置
  • 骨折整復・牽引・固定
  • 動脈穿刺と血液ガス測定
  • 観血的動脈圧モニター
  • 機械的換気による呼吸管理
  • 超音波検査

(2)救急診療に必要な知識

  • 意識障害の診断と治療
  • 呼吸困難の診断と治療
  • 胸痛の診断と治療
  • 不整脈の診断と治療
  • 腹痛の診断と治療
  • 吐・下血の診断と治療
  • 発熱(高体温)の診断と治療
  • 急性感染症の診断と治療
  • ショックの診断と治療
  • 急性臓器不全の診断と治療
  • 体液・電解質異常の診断と治療
  • 酸塩基並行異常の診断と治療
  • 緊急画像診断
  • 緊急心電図の解読
  • 緊急検査の適応と評価
  • 緊急薬剤の使用法
  • 輸血の適応と実施方法
一覧にもどる