NTT西日本大阪病院
研修医について

内科

循環器内科

1.特徴

 当院循環器内科では、虚血性心疾患、不整脈疾患、心不全を中心に、末梢動脈疾患や深部静脈血栓症にいたるまで循環器疾患全般を対象としています。
病棟での多くの時間を心臓カテーテル検査・治療、ペースメーカー植え込みに費やしていますが、基本的には病態評価を重要視しており、特に心不全での評価についてはカンファレンスで時間を割くようにしています。
心臓カテーテル検査もPCI治療もペースメーカー植え込み術は、循環器専門医になるにはすべて一通り自分でできる必要があると考えています。このため、どの先生にも手技的にすべてできることを目標として取り組んでいただいております。 最近では免疫内科との連携から、肺高血圧についても右心カテを用いた検査も積極的に協力して行っています。専門外来としては、循環器内科専門外来に加えて、ペースメーカーのチェックを行うペースメーカー外来・睡眠時無呼吸患者に対するSAS外来も行っています。
内科との連携はもちろん、外科など他科からのコンサルトもできるだけ受けるようにしており、循環器内科の専門的な判断力を身に付けるだけでなく、全科的なバランスを持って患者を診ることができる医師になっていただくことが目標です。当院の体制は、このような研修に最適と考えられます。
当院での研修でPCI・ペースメーカーなど専門的な手技も一通りすべてでき、どこに行っても通じる循環器専門医general cardiologistになっていただきたいと思っております。

2.研修期間

原則として3年間。
後期研修の1年目は当科を主体として、他の内科グループの研修にもローテーションで参加していただきます。
後期研修の2年目以降は当科での研修に専属していただく予定となります。
なお当科は大阪大学・兵庫医科大学の循環器内科の関連施設であり、大学の循環器内科に入局していただいた場合には大学院進学や他の関連施設も含めた専門研修先を大学より紹介していただくことが可能です。

3.研修期間

常勤医師3名、外来非常勤医師2名で病棟および外来 2〜3診を担当しています。

  • 日本循環器学会専門医 2名
  • 日本内科学会総合内科専門医 2名
  • 日本内科学会認定医 1名
  • 日本超音波学会指導医・認定医 1名

4.後期研修医のスケジュール

病棟患者受持ち 5〜8名、時期によって変動あり
専門/総合外来 週一回半日を1単位として、1〜2単位
二次救急担当 週一回半日を1単位として、1単位
内科 当直 月に3〜5回程度、時期によって変動あり

週間スケジュール
  午前 午後
月曜 病棟・(外来) 循環器カンファ・
(ペースメーカー)
火曜 病棟・(外来) 心カテ(検査・PCI)
水曜 病棟・(外来) CT・トレッドミル
木曜 病棟・(外来) 心カテ(検査・PCI)
金曜 病棟・
(外来)・(シンチ)
トレッドミル・CTカンファ

5.医療設備

  • 心エコー・経食道エコー・頚動脈エコー・下肢動脈エコー・静脈エコー・ポータブルエコー(心・血管)
  • 心臓カテーテル検査室(SHIMAZU社製)
  • 負荷心筋シンチグラフィ
  • 冠動脈CT検査(64列 東芝社製)・1.5および3テスラ MRI(GE社製)
  • トレッドミル負荷心電図 ABI
  • 簡易型睡眠時無呼吸検査

6.連絡先

研修内容や病院見学などに関しては下記連絡先までご連絡下さい。
NTT西日本大阪病院 担当:当科部長 西川 永洋
E-mail nagahiro.nishikawa.zf@west.ntt.co.jp
一覧にもどる