NTT西日本大阪病院
研修医について

内科

糖尿病・内分泌内科

1.特徴
 全世界的に増加の一途をたどる糖尿病患者さんについて、私達は良質な血糖コントロールを目指して診療しています。糖尿病に関する専門的知識を習得することは必要条件ですが、糖尿病患者さんには全身に合併症がおこることから内科全般にわたる診療能力を身につけるように心がけています。さらに、患者さんの背景にある生活歴や生育歴を知らなければ療養指導は行うことはできません。すなわち「人」が好きでなければできません。そして、医師のみでは療養指導はできず、看護師・薬剤師・栄養士・臨床検査技師・理学療法士など様々な医療従事者とのチーム医療が根幹です。当院においては、このチーム医療を実践するために糖尿病療養指導センターを組織し、定期的なチームミーティングを行い診療にあたっています。  
 また、当科では下垂体・甲状腺・副甲状腺・副腎疾患などの内分泌疾患を専門的な知識を駆使して診療しています。糖尿病よりは頻度は低いものの、非特異的な症状を見逃さず全身をくまなく診療することにより、内分泌疾患を診断することができます。さらに、古典的な内分泌疾患のみを考えるのでは無く、高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満などの生活習慣病について内分泌学を基盤としたネットワークシステムから理解することで疾患単位では無く患者さんを人として全体を捉えた医療ができると考えています。

2.研修期間

原則として3年間
後期研修1年目の場合は、最初の1年間は当科を主体として他内科グループの研修にも参加します。
後期研修2年目以降の場合は当初から当科のみの研修となります。

3.スタッフ

部長を含む常勤医師3名、レジデント3名と初期臨床研修医により診療を行っています。
※ここで言うレジデントが後期研修医のことです。
日本内科学会指導医・総合内科専門医 2名
日本内科学会認定医 4名
日本糖尿病学会研修指導医 1名
日本尿病学会糖尿病専門医 2名
日本内分泌学会指導医・専門医 1名

4.研修プログラム

 当科は、日本糖尿病学会認定教育施設および日本内分泌学会認定教育施設です。専攻医は、糖尿病専門医および内分泌代謝科専門医の取得を目指し、各々3年間の研修プログラムに沿って研修を行います。その疾患の頻度や難易度、性質により、1年目から3年目にかけて指導医・上級医とともに診療することから始めて自ら責任を持って診療にあたることができるように指導します。実際には、受け持つ個々の疾患を通じて必要な研修を積むこととなります。糖尿病ならびに内分泌・代謝科両方の専門医取得をすすめますが、各人の希望による選択を妨げるものではありません。

5.研修後の進路

 当科は、大阪大学医学部内分泌・代謝内科の関連施設です。研修後の進路としては、大阪大学大学院への進学、関連施設である他病院への就職、そして当科の常勤医師としての就職が可能です。
いずれにしても、糖尿病・内分泌領域においては多くの優れた指導者や充実した医療施設との交流があるため親身に相談に応じます。

6.連絡先

※不明な点は遠慮無く連絡して下さい。是非、一度見学にいらして下さい。
NTT西日本大阪病院
副院長 糖尿病・内分泌内科部長 橋本 久仁彦

〒543-8922
大阪市天王寺区烏ヶ辻2-6-40
TEL:06-6773-7111
E-mail kunihiko.hashimoto.hv@west.ntt.co.jp
一覧にもどる