NTT西日本大阪病院
診療のご案内
消化器外科タイトル
外科手術以外にも放射線治療、化学療法を組み合わせた治療や肝がんに対する肝動脈塞栓療法、ラジオ波・マイクロ波焼灼術、エタノール注入療法なども行っています。
病状にあわせて出来るかぎり低侵襲な治療を選択しています。胃内視鏡や大腸内視鏡を使った早期がん治療も積極的に行っています。
また腹腔鏡を使った手術では胆嚢摘出術はもちろん、大腸や胃脾臓などの手術も行っています。全身麻酔の手術前には必ず外科スタッフ全員で症例検討を行い、手術方法の妥当性について話し合います。
上部消化管(食道・胃)
上部消化管(食道・胃・十二指腸)
藤田正一郎消化器外科(上部)部長を中心に消化器内科、放射線科と協力して診断・治療を行っています。
食道がん
進行度に応じて早期がんには患者さんにQOLを考慮して内視鏡的粘膜切除(EMR)や胸腔鏡補助下小開胸食道切除、進行がんには手術、放射線照射、化学療法を組み合わせた集学的治療を行っています。
胃がん
日本胃がん学会の胃がん治療ガイドラインにしたがった標準的治療を基本として、個々の患者さんに応じた最良の治療に努めます。また、多施設共同研究にも積極的に参加してEBMの確立をめざしています。超音波内視鏡、MRI、腹腔鏡検査などでより正確な術前診断を行ってから、早期がんには患者さんのQOL向上のため内視鏡的粘膜切除(EMR)、腹腔鏡(補助)下胃切除を、進行がんには進行度に応じた治療(手術と化学療法)を行っています。
下部消化管・肛門疾患
年々増加する大腸がん(結腸・直腸がん)の治療には当院でも精力的に取り組んでいます。治療方法は進行度診断にもとづいて決定します。
1) 大腸内視鏡下切除術:リンパ節転移の可能性が非常に低い早期がんに行います。従来の内視鏡的粘膜切除術(EMR)に加えて内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の導入により適応範囲が広がりつつあります。
2) 腹腔鏡下手術:早期大腸がんはもちろん進行大腸がんに対しても患者さんの負担の少ない腹腔鏡下手術を積極的に取り入れております。大腸がん切除手術の約半分は腹腔鏡下に行っています。内視鏡外科学会の技術認定医が中心となり安全な手術を心がけています。
3) 開腹手術:癒着が高度な場合、腸閉塞を起こしている場合や他臓器に浸潤しており合併切除を要する場合などは従来の開腹手術をおこなっています。
4) 肝転移や肺転移も積極的に切除することにより生存率の向上をめざしています。進行大腸がんの術後補助化学療法、手術不能例での化学療法、放射線療法も個々の症例に応じて最適な方法を選択するようにしています。直腸がん手術ではできる限り人工肛門をさけ、出血量、性機能・排尿機能障害が少ない手術を指針としています。人工肛門(ストーマ)を造設せざるを得なかった患者さんのために外科医師、専任看護師からなるストーマケアチームを設けており、術後のメンタルケアから退院後のストーマ外来まで、行き届いたサポートを心がけています。内痔核、痔瘻、裂肛、肛門周囲膿瘍などの良性肛門疾患の手術も行っています。
肝・胆・膵
橋本和彦消化器外科(肝・胆・膵)部長(2013年4月赴任、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医)を中心に、消化器内科、放射線診療科(診断部門・治療部門)の医師と協力して、肝胆膵領域の外科治療を行っています。消化器外科の中でも、肝胆膵外科は、病状が複雑であり、長時間に及ぶ手術もありますが、正確な術前診断のもとに安全で確実な外科治療を行うことを心がけています。
患者さんの治療法の選択は、当グループと肝胆膵を専門とする消化器内科、放射線診療科(診断部門・治療部門)の医師が、各患者さんの検査データや画像について検討を重ねて、最良の治療法を考えて、治療方針を決定しています。
当グループでは、病状説明や手術説明の際に、イラストなどを使用して、わかりやすく説明し、患者さんに説明内容を十分納得していただいてから、治療を行っています。
治療は外科手術だけではなく、術前・術後の補助療法も施行しています。この点でも消化器内科、放射線診療科(診断部門・治療部門)などと連携して実施しています。
また、転移性肝癌の患者さんに対しては、原発部位ごとに大腸外科や胃外科などの各専門グループと連携をとりながら集学的治療(手術と抗癌剤治療などを組み合わせた治療)を行っており、肝切除術の適応がある場合には、当グループが主となって肝切除術を担当しています。
肝臓がん:
科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドラインに従って、肝切除を行っており、治療効果と安全性の両者に配慮した最善の治療法を提供するように努めています。また、傷が小さく低侵襲な腹腔鏡下肝切除術も行っています。
膵・胆道がん:
胆道がんに対しては、消化器内科でがんの進展度診断の後、尾状葉切除を含む拡大肝葉切除などの高難易度手術を行っています。膵がんに対してはリンパ節・神経叢郭清を行い、門脈への浸潤が疑われる例には積極的に門脈合併切除・再建を行っています。また、良悪性境界病変などに対しては、機能温存目的の脾温存膵尾部切除などの縮小手術も取り入れ、腹腔鏡下膵切除も導入しています。
その他:腹腔鏡下胆摘術(単孔式も導入しています)、腹腔鏡下脾臓摘出なども行っています。
成人鼠径ヘルニアと手術
1) 成人鼠径ヘルニアと手術
足の付け根の鼠径部と呼ばれる部分が加齢とともに弱くなり、小腸などの内臓が出てくる状態を鼠径ヘルニアといいます。症状は長時間立っていたりお腹に力を入れた時に出現する鼠径部の膨らみで、最初のうちは痛みもなく横になれば自然に納まりますが、ひどくなると痛み、膨らみの増大、戻りが悪くなるなど、病状が悪化することがあります。最悪の場合戻らなくなった腸が壊死して緊急事態に陥ります。鼠径ヘルニアを治す唯一の方法は手術で、ヘルニア門をメッシュという人工の膜でふさぐ方法が一般的です。腰椎麻酔(下半身麻酔)下に鼠径部を約4〜5cm切開する鼠径部切開法がよく行われますが、日本ヘルニア学会による鼠径部ヘルニア診療ガイドライン(以下、診療ガイドライン)で腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術が推奨され我が国でもさかんに行われるようになり、術式の一つとして当院でも採用しております。
2) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術
欧米では既に1990年代から導入されている方法です。鼠径部切開法との大きな違いは麻酔法が全身麻酔であること、手術のキズは鼠径部ではなく臍と左右の側腹部の3か所であることです(図1)。これら3か所からポートという直径5〜12の煙突のような道具を挿入しお腹の中に炭酸ガスを送ってお腹の中を膨らませ(気腹といいます)腹腔鏡で観察するとヘルニア門が洞窟の入り口としてはっきりと観察できます。周囲の腹膜を切開してメッシュをヘルニア門の手前にあてて固定し、最後に切った腹膜を縫い閉じます。
腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術
3) 腹腔鏡手術のメリット
腹腔鏡手術ではお腹の内側から腹膜を切開するとすぐに到達できますので神経など傷める可能性が低くなります(図2)。また反対側の鼠径部も観察して症状はなくても将来ヘルニアとなる可能性が高い時にはこちらも手術することができます。鼠径部切開法は一般に腰椎麻酔下に行われるため、翌朝まで尿の管が入りベッド上安静が基本となります。これに対して、腹腔鏡手術では全身麻酔下で行われるため寝ているうちに手術が終わり、多くは手術後目が覚める前に尿の管は抜去され、当日歩行が可能です。手術のキズも時間がたつとほとんどの場合、目立たなくなります(図3)。腹腔鏡手術は鼠径部切開法と比べて術後の血腫、慢性疼痛が少なく社会復帰が早いことがわかっており、診療ガイドラインでも示されています。
腹腔鏡手術
手術のキズ
4) 腹腔鏡手術のデメリット

鼠径部切開法(オープン法)に対して、腹腔鏡下ヘルニア修復術は手術時間は長く、より多くの医療費がかかります。また、難易度が高くなる傾向(以上、診療ガイドラインに拠ります)がありますので、当院では、日本内視鏡外科学会技術認定医が執刀ないしは監督下で手術を行うようにしています。
費用については、患者さんが加入されている公的医療保険の高額療養費制度を利用することで出来る場合がありますので、被保険者証に記載されている保険者にお問い合わせください。

5) 当院のヘルニア修復術成績について

表1に当院の手術成績を示します。腹腔鏡下の手術では鼠径部切開法に比べて明らかに手術時間は長いですが出血量は少ないという結果でした。いずれの方法も鎮痛剤投与は同様に頓用で対応していますが、術後の鎮痛剤使用回数は明らかに腹腔鏡手術の方が少なく、鼠径部切開法よりも術後入院日数が少ないという結果が得られました。鼠径ヘルニア手術後再発率は鼠径部切開法より腹腔鏡手術が僅かに低いほぼ同値でした。これらの結果は診療ガイドラインが示す術式の違いの傾向を裏打ちするものでした。

表
6) 手術法の選択

特に一日も早く職場復帰が必要という方には腹腔鏡手術が好ましいでしょう。全身麻酔が受けられない病状がある患者様、前立腺癌術後などの下腹部手術後の患者様などには鼠径部切開法が選択されます。その他患者さんのご希望もよくお聞きしたうえで手術法を選択します。腹腔鏡手術の詳しいことは担当医にご相談ください。
(担当医:外科 大西 直)

特殊検査・治療等
胃内視鏡 / 大腸内視鏡 / 腹部エコー検査 / 腹腔鏡
診察スケジュール・担当医
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
橋本 予約診のみ 大西
藤田
予約診のみ 大西
藤江
安達
予約診のみ - - 野中
予約診のみ
担当責任者:大西副院長、藤田消化器外科(上部)部長、
橋本消化器外科(肝・胆・膵)部長
審査15-2630-1