NTT西日本大阪病院
診療のご案内
整形外科タイトル
外傷や変性疾患など幅広く整形外科疾患を診療しております。特に関節変性疾患の診療に力をいれており、リウマチ膠原病センターの一翼も担っています。
診療体制
・変形性関節症
・関節リウマチ
・骨壊死
・外傷
・骨粗鬆症
人工関節置換術
変形性関節症、関節リウマチ、骨壊死病変に対して、膝関節、股関節、肘、肩などの大関節に対しては人工関節による機能再建を行っています。症例の多い膝関節と股関節においてはそれぞれ専門とする医師が担当する体制が整っています。変形や可動域制限の程度、年齢、骨強度、生活様式などを考慮して最適なインプラントを選択するようにしています。膝関節では適応を見極めて単顆人工関節置換術(UKA)もしくは全人工関節置換術(TKA)を行っています。
手術では皮膚や筋肉などの軟部組織の負担を必要最小限にしながら、人工関節の適切な設置を行うことを重視しています。また、入念な術前計画のうえで手術にのぞみ、真皮縫合まで含めた丁寧な手術を行っています。術後は関節周囲多剤カクテル注射あるいは硬膜外ブロックなどを用いた疼痛管理を行い、アイシングマシーンによる局所冷却などを用いて腫張の軽減を促します。これらの対策を行ったうえで、術後早期から積極的なリハビリテーションを行い、より早い機能回復が得られることを目指しております。高度な変形をきたした症例、人工関節のゆるみや感染に対する再置換術など、難易度の高い症例にも対応しております。
関節リウマチ
関節リウマチ
薬物療法、リハビリテーション、装具療法などの保存療法に加えて手術治療も行っています。膝、股関節、肩、肘などの大関節は上記のように人工関節手術を行います。手指、足趾の関節は関節リウマチの好発部位であり、進行すると様々な変形、機能障害を起こします。関節形成術、骨きり術、関節固定術、人工関節手術などを症例に応じて選択し、手術を施行しています。また、関節リウマチでは手指伸筋腱断裂が時に生じますが、この場合には腱の機能再建術と同時に再発防止のための手関節形成術を施行しています。
人工関節置換術
外傷
骨折に対しては可能なかぎり早期の対応を行い、リハビリテーション科と密に連携してより早い機能回復を目指した治療を行っています。また、人工関節周囲の骨折など、複雑な症例にも対応しています。
骨粗鬆症
超高齢化社会において、骨粗鬆症とそれに伴う脆弱性骨折の患者数は右肩上がりに増加すると予測されています。運動器の健康を保ち、要介護状態となることを少しでも避けるために、骨粗鬆症治療は非常に重要です。近年において骨粗鬆症治療は大きく進歩しており、今後も新しい薬剤が上市される予定です。DXAを用いた精密な骨密度検査や骨代謝マーカー検査で評価を行い、適切な治療を行うようにこころがけています。
手術症例の内容
実績 2014年 2015年
人工関節手術 60 76
人工関節再置換術 4 5
人工骨頭置換術 25 21
関節リウマチ手術 28 29
上肢骨折 48 30
下肢骨折 65 68
その他 58 45
診察スケジュール・担当医
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
竹内
淵矢
河崎
- 交代制 - 竹内
山崎
淵矢
竹内
淵矢
交代制 - 竹内
山崎
河崎
山崎
担当責任者:竹内部長
審査 15-2630-1