NTT西日本大阪病院
診療のご案内
循環器科タイトル
高血圧のような一般的な循環器疾患から心臓カテーテルを用いた狭心症・緊急入院が必要となる心不全や心筋梗塞・ペースメーカーを必要とする不整脈など専門的な循環器疾患まで、その診断と治療を行っております。
現代は食生活の変化に伴いメタボリックシンドロームが若年齢層から注目される一方、高齢化時代となり徐々に進行してきた動脈硬化による循環器疾患を誰しもが注意しなければならない時代です。また、個人が抱えるストレスは増える一方で、突然の胸痛や動悸を自覚し不安に感じる方が増えています。
このように、それぞれの患者さんの症状には、純粋に循環器疾患といえるものから精神的な症状まで広く含まれております。実際、狭心症といわれる中には、すぐにカテーテルが必要な患者さんから、漠然とした不安感から出現した精神的な神経痛の症状である患者さんまでおられます。そこで、私たちは循環器の専門家として患者さんの抱えている病気の本質を理解し、必要な検査は迅速に行い、その結果を専門的に判断し、患者さんには納得して治療を受けていただけるようにと考えております。
当院は循環器検査機器の充実を図っており、正確かつ十分な検査をめざしています。外来での心エコーや負荷心電図や冠動脈CTなどの検査は可能な限り迅速に行い、必要があれば入院での心臓カテーテル検査・治療を行っております。また、動脈硬化進行の状況は、頸動脈エコーや頭部MRAやABI・PWV検査で判断し、高血圧治療もそれぞれの方に合った治療を検討し、必要性に応じて精神科的なアプローチも行っております。 当科での循環器的な主な検査および治療は、頸動脈エコー、心エコー、トレッドミル負荷心電図、負荷心筋シンチグラフィ、ホルター心電図、冠動脈CT検査、心臓および血管カテーテル検査およびその治療、ペースメーカー植え込みです。
循環器内科として、その方その方の症状に応じた検査と治療を行い、患者さんに満足していただけることをめざしております。
特殊検査・治療等
頸動脈エコー検査 / 心エコー検査 / トレッドミル負荷心電図
負荷心筋シンチグラフィ / ホルター心電図 / 冠動脈CT検査 / カテーテル検査
ペースメーカー
診療実績
平成23年1月〜12月
心臓カテーテル検査
(CAG・心嚢穿刺など)
247例
冠状動脈形成術(PCI) 73例
血管形成術(PPI) 29例
ペースメーカー植込み 18例
診察スケジュール・担当医
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
西川
榊原
- 西川
山上
- 西川
橋本
榊原
- 西川
石津
- 橋本
安武
-
※印は、再診のみ
担当責任者:西川部長
審査 15-2630-1