NTT西日本大阪病院
診療のご案内
薬剤科について
薬剤部について

病院におけるチーム医療を行う中で、薬剤科では調剤や製剤業務はもとより、的確で質の高い薬物療法が行えるよう各医療部門との連携を密にし、患者さんに最適の医療サービスが提供できるようめざしています。
たとえば、外来患者さんにお渡しするお薬に薬剤情報用紙を添付し、また、入院患者さんには薬剤師が病棟に直接出向いて服薬指導を行うなど、投与された薬剤によって患者さんと処方医の期待する効果を十分に発揮できるよう活動しています。
その他、院内外の様々な薬剤関連情報の中から必要な情報を選択・補足し、必要とする医療部門に提供するなど医療の質の向上をめざし、薬剤に関する業務を幅広く実施しています。

調剤室1

飲み薬や塗り薬などを安心して使っていただけるよう調剤しています。
また、入院患者さんへの服薬指導と持参薬の確認を行っています。

製剤室2

注射の混合調製や市販されていないお薬を調製したり、消毒剤の調製や払い出しをしています。

製剤室3

注射薬のピッキングをはじめ、院内の医薬品の適正供給と品質管理をしています。

薬品情報室

薬の情報を収集し、院内へのインフォメーションや病棟での服薬指導業務の支援をしています。

院外処方箋について

院外処方箋の受け取り
平成15年5月1日より外来の患者の投薬について、院外処方箋の取り扱いを開始しました。(但し、保険外薬品は除きます。)

院外調剤、順次実施
医師から受領された「院外処方箋」は、一旦、中央受付にお出しください。
会計の終わった後、請求書兼領収書と一緒に発行される「引換券」と引き換えに「院外処方箋」をお渡しします。
※「院外処方箋」には、『済』印が押印されています。

院外処方箋の発行の意義
薬のより安全な使用のため、保険薬局での他の病院でもらったお薬との副作用をチェックできます。
※薬害の防止等を目的とし国が推進しています。
外来患者さんには、趣旨をご理解頂き、ご自身が便利の良い保険薬局をご利用ください。

処方箋の有効期間等
発行日を含めて4日間です。(土・日・祝日も含みます)
有効期限切れ、紛失等で処方箋の再発行となった場合は、別途自費診療として処方箋料をいただくことになります。
※お薬をもらいに行く時は「院外処方箋」の原本が必要となりますので必ずご持参ください。

院外調剤の対象
当院では、外来患者さんの投薬は、院外処方箋の取り扱いとさせていただいておりますが、次のケースは、院内調剤とさせて頂く場合がありますので、何卒ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

・院内特殊製剤等で調剤薬局にない薬品
・システム対応ができない薬品
・緊急に服用することが必要な方
・移動に大きな制約を有しておられる方

お薬の受け取り
会計終了後、渡された薬引換券を投薬窓口にお持ちいただき、お薬をお受け取りください。

審査 15-2630-1