NTT西日本大阪病院
各センターのご案内
リウマチ・膠原病センター
膠原病は、免疫の異常によっていろいろな臓器をつなぐ部分に障害が生じる病気です。臓器と臓器の間をつなげている結合組織、骨や筋肉、血管、皮膚といった場所が障害されますと、多くの臓器にいろいろな影響が出てきます。そのため全身に多彩な症状が出ます。症状の出方はいろいろですが一定のパターンがあります。そこで、よく似た症状が出る一群をまとめて関節リウマチや全身性エリテマトーデス、強皮症、といった個別の病名がつけられています。一般に言う「リウマチ」とは「関節リウマチ」という、多くの関節が痛くなって変形していく病気で、膠原病のなかで最も患者数の多い病気です。全身性エリテマトーデスは、発熱やいろいろな皮膚の症状がみられるだけでなく、いろいろな内臓の機能も障害される病気です。このように病気によって症状や重症度、予後はさまざまです。しかし、どれも原因はよく似た免疫の異常による病気ですので治療は異常に活発化した免疫を抑制する治療が基本となります。
当院では、免疫を診る「アレルギー・リウマチ・膠原病内科」と骨や筋肉を診る「整形外科」、皮膚を診る「皮膚科」の医師が連携するだけでなく、看護師、理学療法士、薬剤師、ソーシャルワーカーなど多職種が参加することで、より良い診療環境を実現しました。
今後も、リウマチや膠原病という敵を全方位から継続的に攻めることにより、効果的な治療結果が得られるよう努めていきます。
連携
図1 他職種の医療スタッフが関わります。
膠原病は、なかなか治らない病気ですので長期にわたって治療する必要があります。中には一生治療薬を止められない人もいます。治療が上手くいくと日常生活において困ることはほとんどなくなりますが、長い治療期間の間には病気が悪くなったり、薬の副作用が出たりといろいろなトラブルが起こります。このようなトラブルを未然に防いだり、早めに対処したりするためには患者さん自身のご協力も不可欠です。そこで、私たちは患者さんに病気のことや治療のことをもっと知ってほしいと考え、定期的に勉強会を開催しています。病気や治療について知ることはトラブルの回避や身体機能の低下を防いだりすることにつながり、快適な生活を送ることにつながります。
私たちは、患者さん自身が病気と闘う私たちのチームの一員となることを願っています。
活動の内容
リウマチ膠原病教室(年3回)
これまでの教室内容です。
第1回 ●関節リウマチの病気について
(免疫内科の担当医)
●関節リウマチの日常生活の過ごし方
(看護師)
第2回 ●食事療法について
(管理栄養士)
●社会福祉制度について
(医療ソーシャルワーカー)
第3回 ●よく分かる関節リウマチ手術
(整形外科の担当医)
●検査データのお話し
(免疫内科の担当医)
第4回 ●膠原病・リウマチにおける皮膚感染症
(皮膚科の担当医)
●ステロイド・免疫抑制剤について
(薬剤師)
第5回 ●お家でできるリハビリ体操
(理学療法士)
●靴でお困りの方へ足にあった靴の選び方をご紹介
(シューフィッター)
第6回 ●お口の中のばい菌と全身の関わり
(口腔外科の担当医)
●関節リウマチとうまく付き合うために
(看護師)
第7回 ●暑い夏を乗り切ろう
〜夏バテ予防の食事〜 (管理栄養士)
●“バランスよく”夏を乗り切ろう!!
(免疫内科の担当医)
第8回 ●リウマチの診断と治療について
(整形外科の担当医)
●何でも聞こう質問コーナー
第9回
平成27年5月13日(水)
●足ゆびの変形の治療について
(整形外科の担当医)
●あなたの大切な足を守るためにできること
(日本看護士協会認定糖尿病看護認定看護師)
第10回
平成27年11月27日(金)
●リウマチ膠原病患者さんに関連した皮膚感染症について
(皮膚科の担当医)
●関節に負担をかけない日常生活動作の工夫、自助具について
(作業療法士)

第11回

リウマチ膠原病教室
平成28年6月27日(月)

●日常生活の過ごし方
(看護師)
●社会福祉制度について
(医療ソーシャルワーカー)
第12回
リウマチ膠原病教室
平成28年12月6日(火)
●関節リウマチの内科的治療
〜最近の話題〜(内科の担当医)
●骨粗鬆症・食事で予防
(栄養士)
市民公開講座
(NPO法人メディッセ)
「関節リウマチと上手に付き合うために」
平成29年2月12日(日)
阿倍野区民センター
●今の自分のリウマチの状態を知っていますか?
●関節リウマチの皮膚トラブル
●当院でのリウマチケア看護師の役割
●関節リウマチの手術<人工ひざ関節について>
●関節リウマチの内科的治療

第13回
リウマチ膠原病教室
平成29年6月(予定)

●手術に関する話題
(整形外科の担当医)
●リハビリ関連の話題(予定)

市民公開講座
(読売健康講座)
(予定)
平成29年9月9日(土)
難波御堂筋ホール

●関節リウマチに関する話題
(内容未定)

*開催日のお知らせはホームページにて1か月前に掲載または院内にポスター掲示しております。
*場所:10階研修室、時間:13時30分から14時30分
*参加費:無料
*参加者:どなたでも自由に参加いただけます。

リウマチ教育入院
関節リウマチは、おもに関節の内側にある滑膜に腫れや痛み、こわばりなどの炎症を起こし、それが続くと関節の変形をきたす病気です。原因は、まだ完全には分かっていませんが、免疫機能に異常が生じて起こる自己免疫疾患のひとつと考えられています。
当院では患者さんやご家族が関節リウマチについて正しく理解していただける事を目的に「リウマチ教育入院」を実施しています。当院の医師をはじめ、医療スタッフ(看護師、薬剤師、作業療法士、管理栄養士、メディカルソーシャルワーカー等)が患者さんの療育のサポートをいたします。
職員に対するリウマチ・膠原病研修
研修
リウマチ・膠原病ワーキング会議(月1回)
症例検討会
構成メンバー
免疫内科の担当医・整形外科の担当医・皮膚科の担当医・看護師(リウマチ財団登録看護師)・薬剤師(リウマチ財団登録薬剤師)・理学療法士・作業療法士・管理栄養士・ 医療ソーシャルワーカー・事務員
メンバー
免疫内科の担当医
アレルギー・リウマチ膠原病内科では、リウマチ・膠原病センターのスタッフと協力しながら、内科的観点から全身に目配りを行いながらより良い治療を行えるように治療を進めて参ります。また、連携医療機関とも協力し、治療中に起こる様々なトラブルに対応していきます。完治の難しい疾患ではありますが、身体機能を落とさないように患者さんとも相談しつつ、それぞれの患者さんにとってのベストをめざして診療しております。
アレルギー・リウマチ・膠原病内科のページへ
整形外科の担当医
整形外科では、関節リウマチの薬物療法はもちろん、関節破壊によって低下した関節機能を再建する手術治療を行います。
関節リウマチが進行すると、関節が破壊されていきます。一度破壊された関節組織は、強力な薬物療法を用いても修復に至ることは多くはありません。
関節の機能が低下すると、強い痛み、可動域制限、変形などが生じ、日常生活動作に困難を感じることになります。痛みの少ない範囲で行動を制限して生活すると痛み自体は軽減しますが、身体活動性の低下は筋力低下や骨粗鬆症の重症化につながって運動機能をさらに低下させてしまいます。近年では関節リウマチの薬物療法の進歩はめざましいものがありますが、手術治療も同様に進歩しています。適切な時期に適切な治療を行うことが良好な機能回復のためには重要です。
整形外科のページへ
皮膚科の担当医
皮膚は、「内臓の鏡」といわれるように色々なサインを出しています。皮膚症状は、リウマチや膠原病の診断に大変役立ちますが、活動時のサインとなることもあります。また、膠原病の活動がなくても発疹を生じたり、お薬や感染に対するサインを出す場合もあります。皮膚科では、そのサインを見逃さないように正しい診断や早期の加療につとめるようにしています。
皮膚科のページへ
看護師(日本リウマチ財団登録リウマチケア看護師)
リウマチ・膠原病チームの一員として私たち看護師は、患者さんが上手く病気と付き合っていけるように療養生活の状況やご家族の状況を把握し日常生活の過ごし方等のお話をさせていただき安心して治療が継続できるよう援助させて頂きます。また、チーム全体で最適な医療サービスが提供できるよう多職種をとり持つ調整役としての役割も担っています。些細なことでもかまいませんのでお気軽にお声をかけて下さい。
薬剤師(日本リウマチ財団リウマチ登録薬剤師)
お薬は正しい使い方をしてこそ、本来の効果を発揮することができます。
薬剤師は、主に服薬指導を通じて、処方されたお薬の効果や用法、注意事項、副作用やその対策法といったことを分かりやすく説明しています。またそれ以外にも患者さんが必要としている情報をできる限り提供することで、お薬に対する不安や疑問を取り除き、安心して使用してもらえるよう取り組んでいます。
理学療法士 作業療法士
リハビリテーションは、医師の指示のもと運動機能や動作能力の維持・改善を目的に行います。さらに身体状況だけでなく日常生活を可能なかぎり快適に過ごしていただくために、安楽な動作方法の説明や、必要に応じて自助具の使用についても検討させていただきます。
管理栄養士
栄養管理部は、医師の指示のもと病態にあわせた食事を提供しています。
しかし、病態だけではなく、果物の皮がむきにくいなどの症状があれば、皮をむいた果物を提供するように患者さんの症状にも個別に対応しています。
少しでも美味しく食べやすい食事を召しあがって頂けるように給食調査や残飯調査など行って献立内容を見直しています。
医療ソーシャルワーカー
医療福祉相談室ではソーシャルワーカーが、病気をきっかけに生じる生活上のお困りごとについてご相談に応じています。お話を伺い、安心してより良い療養生活が送れるよう一緒に考えていきます。
<主な相談内容>
医療費や生活費の心配/退院後の生活や介護のこと/仕事のこと/福祉サービスや制度について など
審査 W17-0367-1