NTT西日本大阪病院
がん検診について
がん検診を受けましょう

がんによる死亡率は年々緩やかな低下傾向にありますが、以前として大阪府では全国平均より、

がんでの死亡率が高く、市民に対して病院でがん検診を定期的に受診し、

がんを早期で発見し早期治療をしてもらう為の施策をうっております。

年齢調整死亡率
(出典:国立がん研究センターがん対策情報センター)
早期発見早期治療を
「がん」は治癒できる病気になってきており、検診による早期発見、早期治療を行うことで死亡率は下がります。
5年相対生存率

(公益財団法人 がん研究振興財団「がんの統計'15」)
全国がん(成人病)センター協議会加盟施設における
5年生存率(2004〜2007年診断症例)の数値を元に作成

ステージとは?
ステージというのはがんの病期の分類のことで、がんがどれくらい大きいか、
がんがどれくらい転移しているかなどによって分けられており、部位別のがん毎に異なっていますが、
大まかには次のとおりです。
病期(ステージ)Ⅰ 腫瘍が小さく、隣接する組織に広がっていない状態です。
病期(ステージ)Ⅱ 比較的腫瘍が小さく、広がりも周囲のリンパ節や隣接する組織までにとどまっています。
病期(ステージ)Ⅲ 腫瘍が比較的大きく、隣接する臓器にまで広がっている状態です。
病期(ステージ)Ⅳ 腫瘍が離れた他の臓器(肺、骨、肝臓、脳、腹膜、胸膜)まで広がっていて、遠隔転移がんと呼ばれます。
あるがんと診断された人が(治療によって)5年後に生存している人の割合が、日本人全体で5年後に生存している人の割合に比べてどのくらい低いかで示したこのグラフから、どのがんも初期段階(特にステージ Ⅰ)では高い生存率である事が判ります。 症状がない時から定期的に検診を受け続け、がんの早期発見・早期治療をしましょう。
がん検診のご案内
当院の総合健診センターでは全身を一度に調べることができるPET-CT検査を受けることができます。
総合健診センターのご案内)  
また、大阪市がん検診のすべて(胃がん、大腸(直腸、結腸)がん、肺がん、子宮頸がん、
乳がん(触診・マンモグラフィ))の受診も可能です。 (大阪市の取扱医療機関検索ページ)
全て予約制です。 受診資格や検査内容、料金については大阪市のホームページなどでご確認ください。
予約 総合健診センター 06-6773-7920
※電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いいたします。
検診実施日 肺がん 月曜日〜金曜日 12:30〜14:00
胃がん 月曜日〜金曜日 12:30〜14:00
大腸がん  月曜日〜金曜日 12:30〜14:00
子宮頚がん 月曜日〜金曜日 9:30〜10:30
乳癌(触診・マンモグラフィ)
月曜日・火曜日 15:00〜15:30
金曜日 9:30〜10:30
検診当日に持参していただきたいもの 保険証・診察券・大阪市がん検診無料クーポン券(あれば)
『大阪市がん検診無料クーポン券』
乳がん検診
について
(女性のみ対象)
当院で可能なのは、細かな乳腺の変化や微小ながんの発見に適した乳腺レントゲン検査(マンモグラフィー)で、40代以上の方に向いている検査です。
大阪市では2年に1回の検査を受けられるようになっています。この検査では乳房を縦、又は横に板で挟んでレントゲン撮影します。圧迫による軽い痛みがあります。月経終了後、一週間経った頃乳房が比較的柔らかくなる時期に検査するのが適当です。なお、妊娠中の方、妊娠している可能性のある方、豊胸術後の方、心臓ペースメーカーを装着されている方の検査はできません。
また、授乳中の場合、病変を見つけにくいため断乳後の検査をお勧めします。
子宮頸がん検診
について
(女性のみ対象)
子宮頚部(入り口)の細胞を採り、がん細胞の有無を調べる「子宮頚部細胞診検査」を行います。目的とする細胞が十分に採れないことがあるため、検査は月経終了後3日以上経ってから受けるようにしてください。
大腸がん検診
について
(男女共に対象)
便潜血反応検査を行います。この検査では便に混じる血液を確認します。
時間の経過とともに血液中のヘモグロビンが変性するなどの理由で偽陽性率が上昇するため、なるべく検査に近いタイミングで採取するようにしてください。
また、検体にトイレの洗浄水に添加されている消臭剤や消毒液成分が混入しないように注意してください。
※詳細は予約時に確認ください。
※がん検診は当院の他の診察と同日にはできません。ご注意ください。
大阪市による子宮頸がん・乳がん検診の無料実施事業について
大阪市がん検診の無料クーポン券が当院でもご使用できます。
※自費で受けた検診や、人間ドック、診療の一部として実施した検診等は対象外です。
※対象者と対象となる検診は大阪市のこちら↓↓のページを参照してください。
http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000371512.html
がんをもっとよく知ろう
がんをもっとよく知ろう
大阪府のがん検診受診率はこれ程わるい!
2013年のがん検診受診率
種 別 受診率 順 位
27.9% 全国ワースト1
大腸 28.0% 全国ワースト1
29.1% 全国ワースト1
乳房 21.1% 全国ワースト2
子宮頸部 22.8% 全国ワースト2
 (出典:国立がん研究センターがん対策情報センター)
※受診率は、胃がん、大腸がん、肺がん、および乳がん検診は40歳以上、
子宮がんおよび子宮頸がん検診は20歳以上
がんにならないように予防しよう。
がんは予防できる
一次予防・二次予防
実践しやすい制度・環境整備(社会全体で取り組む必要性)
・禁煙・防煙(広告規制、無煙環境、禁煙支援)
・精度管理、検診受診
・C型肝炎ウイルスチェック、治療費公費負担
(出展:大阪府立成人病センターがん予防情報センター長 津熊秀明部長)
発がんを防ぐ『一次予防』
・禁煙、適当量の飲酒、充分なる野菜摂取など
・ヘリコバクター、肝炎ビールスやパピローマビールスの制圧など
・子宮頸がんの検診は、検診によって前がん状態を発見しワクチン接種によって発がんを予防できるようになってきています。
早期発見、早期治療で治す『二次予防』
早期発見には『検診』が不可欠。胃がんは検診による早期発見が治療に有効となってきました。
早期に発見すれば、メスによるものに比べて手術の傷を小さく抑える内視鏡手術、腹腔鏡・胸腔鏡手術にて処置できることが多いです。
患者さんの自発的ながん相談
【患者さんの、患者さんによる、患者さんのための】がん相談
がん・なんでも相談室
がん・なんでも相談室
http://www.e-net.or.jp/user/yokunaru/index.html
(「金つなぎ」(自助努力の患者会)のサイトへ)
がん治療について
放射線治療
化学療法について
審査 W17-0321-1