「線路情報開示システム」ご利用に当たっての留意事項

ご利用の前に下記の「留意事項」をよくお読みください。
本システムは、お客様がDSLサービスのご利用を検討いただく際の参考として提供しているものであり、目的外の利用については固くこれらを禁じます。
 
本システムで表示される情報は計算された値であり、実際に測定した値ではありません。
線路距離長:
お客様宅内からNTT西日本ビル収容装置までのメタル回線の長さ(机上計算値)
伝送損失:
お客様宅からNTT西日本ビル収容装置までの160KHzにおける信号電力の劣化程度を示す損失量(机上計算値)

以下のような場合等においては、線路距離や伝送損失の計算ができないため、検索結果が表示されない場合や正しい値が表示されない場合があります。
ダイヤルインの追加番号、二重電話番号の副電話番号、i・ナンバーの追加番号、「0120X〜X、0570X〜X」などのサービス用番号、INS1500回線の電話番号の場合
新規に電話を開通された直後や最近引越しされたお客様で、新しい電話番号のデータが反映されていない場合や登録データに不備がある場合
お客様宅からNTT西日本収容局までの間(一部でも)が光ケーブルに収容されている場合
市外局番等の変更に伴い、新しい電話番号のデータが反映されていない場合(新しい電話番号のデータが反映されるまでの間は、変更前の電話番号にてご検索ください。)
弊社以外の電気通信事業者の回線をご利用の場合  等
詳細につきましては「よくあるご質問」を参照下さい。

以下のような場合等においては、線路距離や伝送損失の計算ができないため、正しい値が表示されません。
DSLサービスの提供を受けるにあたって光ケーブルからメタルケーブルへ切替を行った場合や、光ケーブルのエリア内でメタルケーブルにより電話回線をご利用いただいている場合
詳細につきましては「よくあるご質問」を参照下さい。
検索結果が表示されないお客様に関しましては大変申し訳ございませんが、線路距離長や伝送損失については調査、お問い合わせにお答えできません。
本システムでの検索サービス提供に支障をきたす程の大量のアクセスが確認された場合は、当該アクセスを停止または制限させていただく場合がございます。

弊社では、本情報のご利用から生ずる損害については、その一切の責任を負いません。

その他、DSLサービスに関する内容につきましては、各DSLサービス提供事業者様にお問い合わせ下さい。

上記にご同意いただける場合は
線路情報開示システムへ
こちらをクリックしてログイン画面へお進みください。
 
■ おしらせ

Internet Explorerのインターネットオプションの「詳細設定」にて、TLS1.0,TLS1.1,TLS1.2を使用するようチェック後、閲覧して下さい。

設定例(Internet Explorer 9.0)は、 こちら(PDF)