News Release

平成11年12月13日

接続料金改定等の認可申請について


 NTT西日本及びNTT東日本は、本日、郵政大臣に対し、平成11年度に適用する接続料金等について接続約款変更の認可申請を行いました。


1. 概要

 昨年度設定したアンバンドル単位の料金を、平成10年度から新たに導入した接続会計の結果をもとに見直すこととしました。

 あわせて、接続会計で把握した専用線のコストをベースに接続専用線の接続料を算定しました。

 具体的な機能別の接続料金は別紙1のとおりです。


2. 実施時期

 郵政大臣の認可を得た後、すみやかに実施し、この接続約款に基づき他事業者との協定を締結したいと考えております。

 なお、電話・ISDNの接続料金については平成11年4月1日に、専用線については各社のエンドエンド料金化時点に遡及して適用することとします。


3. その他

 今夏の「接続料の算定に関する研究会報告書」の提言の内容については、今回の認可申請にあたって別添の資料のとおり措置するとともに、本日、その措置結果について郵政省に対し報告を行いました。



(別紙1)電話・ISDNの主な機能別の接続料金案
(別紙2)専用線の主な接続料金案
(参考図−1)電話・ISDN接続料金の適用例
(参考図−2)接続専用線料金の適用例
(参考1) 具体的な料金適用例
(参考2)接続料金の推移
(別添)


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社