このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の ニュースリリース の中の 大学生の就職活動をICTでサポート!関西大学×NTT西日本の産学連携プロジェクト共同トライアル“ICT面接トレーニング”開始!
関西大学 NTT西日本

大学生の就職活動をICTでサポート!関西大学×NTT西日本の産学連携プロジェクト共同トライアル“ICT面接トレーニング”開始!

2016年12月7日
関西大学
西日本電信電話株式会社

 今年創立130周年を迎えた関西大学(学長:芝井敬司)は、システム理工学部においてプレゼンテーションや面接に関する研究の一つとして、「就職面接時におけるバイタル/行動観察による面接評価分析」の研究(以下、本研究)を進めており、西日本電信電話株式会社(代表取締役社長:村尾和俊、以下、NTT西日本)は、本研究に対して、バイタルデータの収集、分析等に関するICT環境やノウハウを提供するなど、全面的な協力を行っています。
 このたび、本研究が進展したことから、学生向けにその研究成果を用いた共同トライアル「ICT面接トレーニング(以下、本トレーニング)」を開始します。

1.共同トライアルに至った経緯

 関西大学システム理工学部・知識情報システム研究室(小尻智子准教授)は、かねてからプレゼンテーションを対象として、論理的思考やコミュニケーションスキルを支援する研究に取り組んでいました。就職活動の面接に対する研究もそのひとつで、人の心理的要素を調査する上でのバイタルデータの活用可能性に着目していました。
 一方、NTT西日本は、かねてよりバイタルデータの収集、分析に関する取り組みを行っており、関西大学の研究に協力することで、教育現場への展開につながることから、共同トライアルに至りました。

2.本研究概要・成果

(1)本研究概要

 関西大学システム理工学部・知識情報システム研究室(小尻智子准教授)では、就職面接における模擬面接トレーニングを想定した環境において、<1>リストバンド型デバイスによる「脈拍数」の抽出および<2>行動観察による「間投詞/笑顔/目線」などの表出行動と、面接官からの評価の関係性を分析しました。

(2)本研究成果

 上記の実験/分析結果から以下の項目の面接評価への影響が示唆されました。

間投詞(言葉のひげ) 面接環境によらず、少ない方が面接官からの評価が良くなる傾向があります。
ジェスチャー 自己の想定内の質問の際に、ジェスチャーが多いと高評価となる傾向があります。
笑顔 自己の想定内の質問の際に、少ないと高評価となる傾向があります。
目線 自己の想定内の質問の際に、面接官の方向を向いていると高評価となる傾向があります。
(笑顔/目線からは「真剣な面接態度」が面接官からの高評価につながると推測されます。)

3.本トレーニングの概要

 本トレーニングは、本研究成果とICTの活用によって、面接の場における自己プレゼンテーション力の向上を目的とした、大学生の就職活動サポートプロジェクトです。
 ICTを活用して、バイタルや行動、音声データを収集、分析し、客観的にデータ化することで、自分自身のバイタルタイプやチャームポイントを知ることができ、今後の就職面接やプレゼンテーションなどセルフコントロールが必要な場面に役立てることが期待できます。

(1)本トレーニングの機能

<1>脈拍数の可視化

 被面接者の脈拍数を可視化してタイプ分けを行います。どういったタイミングで脈拍数が変動するのか、自分のタイプを可視化することで、自身の特徴を知ることができます。

<2>間投詞・挙動量の可視化

 被面接者の間投詞(言葉のひげ)やジェスチャー、笑顔、目線などをデータ化し可視化することで、自身の特徴を知ることができます。

<3>チャームポイントの発見

 面接官の評価にプラスの影響を与える挙動を、チャームポイントとして総合的に判断し、表示します。また、各質問に対する被面接者の回答と、面接官が感じた印象の評価をマッチングさせることで、被面接者自身が自覚していなかったチャームポイントの発見をフォローします。

(2)被面接者の負荷が少ないデバイス等の採用

<1>リストバンド型デバイス

 被面接者に負荷の少ないリストバンド型デバイスをバイタルデータの取得デバイスとして採用しています。

<2>顔認識と音声テキスト化技術(採用予定)

 被面接者の表情(笑顔など)や、目線の方向などを、顔認識カメラによって推定する予定です。また、被面接者が発する音声情報に対して、NTTグループの音声テキスト化技術により、間投詞(言葉のひげ)を自動抽出する予定です。

(3)本トレーニングの今後の展開

 2017年2月に関西大学内で実施予定の2018年卒就職活動生に向けたイベントで、より実際の面接に近い環境を整え、本トレーニングを導入する予定です。

4.各社の役割

関西大学

  • 就職面接時におけるバイタル/行動観察による面接評価分析
  • 3軸加速度によるジェスチャー推定
  • 面接評価に影響のある数値の指標化

NTT西日本

  • トライアルにおけるネットワーク、デバイス等ICT環境の提供
  • バイタルデータの取得、分析に関するノウハウ提供

5.今後の展望

 関西大学システム理工学部では、面接内容に着目した面接データの解析機能や、システムによる自動フィードバック機能など、面接支援に関する研究をさらに進めていく予定です。
 NTT西日本では、今後も本研究に全面的な協力を行うことで、バイタルデータの収集、分析に関する取り組みの更なる拡大を図っていく予定です。

本件に関するお問い合わせ先

本件に関する関西大学へのお問い合わせ先

関西大学
総合企画室 広報課
石田、寺崎
TEL:06-6368-0201

本件に関するNTT西日本へのお問い合わせ先

お客さまからのお問い合わせ先

NTT西日本
ビジネス営業本部 クラウドソリューション部
石原、延澤
TEL:06-6469-4129

報道機関からのお問い合わせ先

NTT西日本
広報室 宣伝担当
神本、藤中
TEL:06-4793-2321

※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

審査 16-1875-1

ページの先頭へ