このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の ニュースリリース の中の 通信事業者×TV局初のアイデア創出イベント「NTT西日本×TBS TV HACK DAY」で生まれた「らくがきTV」アプリの提供開始について

News Release

通信事業者×TV局初のアイデア創出イベント「NTT西日本×TBS TV HACK DAY」で生まれた「らくがきTV」アプリの提供開始について

2015年10月2日

 西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊、以下、NTT西日本)は、2014年10月に開催された「NTT西日本×TBS TV HACK DAY」※1で生まれた、タブレット等に保存してある画像や動画に、塗り絵やスタンプなどのらくがきができるアプリ「らくがきTV」(以下、本サービス)を2015年10月2日(金)より提供いたします。

  • ※1「NTT西日本×TBS TV HACK DAY」は「“スマート光戦略※2でテレビが進化する!”〜思わずテレビをつけたくなる新しい仕組み〜」をテーマに、株式会社TBS テレビ(代表取締役社長:武田 信二、以下、TBS)と共同開催したハッカソン※3イベントであり、20チーム102名が参加しました。
  • ※2スマート光戦略とは、ICTを活用して、「家庭」「企業」「街」をつなぎ、お客さまに便利で快適なサービスや価値を、多様なビジネスパートナーとともに創造(デザイン)していくNTT西日本が提唱する取り組みです。
  • ※3ハッカソンとは、「Hack(ハック)」と「Marthon(マラソン)」を合わせた造語です。決められた期間の中で参加者がアイデアと技術を出し合い、集中的に共同作業をするソフトウェア開発のイベントです。

1.提供の背景

 NTT西日本では、あらゆる世代のお客さまが、自宅のテレビをネットにつないで、様々な体験を楽しむことをコンセプトに「光BOX(HB-1000「2」/情報機器)※4(以下、光BOX)」を開発し、「フレッツ光」と合わせた新たな利用シーンの創造を多様なビジネスパートナーと共に行ってまいりました。一方で、社外の多様な方々とのオープンイノベーション※5の取り組みも推進しており、昨年度は「“スマート光戦略でテレビが進化する!”〜思わずテレビをつけたくなる新しい仕組み〜」をテーマに、TBSとハッカソンイベントを共同開催しました。
 このような背景のもと、フレッツ光の新たな利活用シーンの創造を目的に「NTT西日本×TBS TV HACK DAY」で優秀賞(デザイン賞)を受賞した本サービスについて、NTT西日本と受賞者で検討を重ね、「光BOX」で利用可能なアプリケーションとして開発し、この度、提供に至りました。

  • ※4「光BOX」は、テレビに接続することで、簡単にインターネット上のコンテンツ利用を実現するセットトップボックスです。本製品によるインターネット利用には、「フレッツ光」等のブロードバンド回線、および対応するプロバイダーとの契約・料金、ルーター等が別途必要です。本製品の利用には、HDMI端子付きのテレビが必要です。環境によっては、十分な帯域確保ができず音声や映像が途切れる場合があります。
    詳しくは、NTT西日本HP(http://www.ntt-west.co.jp/kiki/hikaribox/)にてご確認ください。
  • ※5企業内部と外部のアイデアを組み合わせることで、革新的で新しい価値、ビジネスモデルを創り出し利益を得る考え方。

2.本サービスの概要と特徴

(1)概要

 タブレット等に保存している画像や動画に、塗り絵やスタンプなどのらくがきができるアプリケーションです。光BOXによってタブレット等のらくがき画面がテレビの大画面へ映し出され、最大3台のタブレット等で同時にらくがきを楽しむことができます。

(2)サービスの特徴

  1. <1>プリインストールされている画像及び自分で撮影した写真や動画等にらくがきをすることができる
  2. <2>タブレット等を通じて、テレビ画面へ複数人でらくがきを楽しむことができる

3.ご利用料金

 無料

4.ご利用条件

 本サービスのご利用には以下の条件が必要です。

  • タブレット等※6および光BOXが同一アクセスポイントに接続されていること。
  • ※6iOS8がインストールされていること。

5.今後の予定

 今後は、介護施設や保育園・幼稚園等における本サービスのニーズ確認を踏まえて、機能拡充を検討します。
 また、今年度NTT西日本が取り組んでいるオープンイノベーション活動「NTT西日本 Startup Factory」※7より、本サービスに続く新たなサービス提供をめざして、NTT西日本は、様々なアイデア起案者の方々と双方の利益拡大に向けたサービス内容やビジネスモデル、販売方法等の共同検討を行い、多様なコラボレーションを進めてまいります。

  • ※7「NTT西日本 Startup Factory」は、社外の方々のアイデア掘り起こしから事業化までを、NTT西日本が一貫してサポートする取り組みです。
    https://www.ntt-west.co.jp/news/1508/150826a.html

6.お問い合わせ先

お客さまからのお問い合わせ先

「光BOX」および「らくがきTV」に関するお問い合わせ

NTT西日本 光LINK(情報機器)ホットライン
TEL:0120-708-202
(受付時間:午前9時〜午後6時 土・日・祝日も受付中、年末年始(12/29〜1/3)を除く)

  • 電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いいたします。

本件に関する報道機関からのお問い合せ先

「らくがきTV」に関するお問い合わせ

NTT西日本 アライアンス営業本部
ビジネスデザイン部 スマートデバイス推進部門
藤岡・堀江・米元
TEL:06-4793-5131

「NTT西日本 Startup Factory」、「NTT西日本×TBS TV HACK DAY」に関するお問い合わせ

NTT西日本 アライアンス営業本部
ビジネスデザイン部 アライアンス推進部門
中村・内村・福原
TEL:06-4793-5977

  • 電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願い致します。

※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader ダウンロードページはこちら

審査 15-1460-1

ページの先頭へ