このページの本文へ移動

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 別紙1.「災害用伝言ダイヤル(171)」の基本的操作方法

別紙1.「災害用伝言ダイヤル(171)」の基本的操作方法

「171」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って伝言の録音、再生を行って下さい。

操作手順 伝言の録音 伝言の再生 通話料は発生しません
<1> 171をダイヤル 171
<2> 録音または再生を選ぶ。 [ガイダンス]
こちらは災害用伝言ダイヤルセンタです。録音される方は「1」、再生される方は「2」、暗証番号を利用する録音は「3」、暗証番号を利用する再生は「4」をダイヤルしてください。
(暗証番号なし) (暗証番号あり) (暗証番号なし) (暗証番号あり)
1 3 2 4
[ガイダンス]
4桁の暗証番号をダイヤルして下さい。
[ガイダンス]
4桁の暗証番号をダイヤルして下さい。
xxxx xxxx
<3> 被災地の方の電話番号を入力する。 [ガイダンス]
被災地の方はご自宅の電話番号、または、連絡を取りたい被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルして下さい。被災地域以外の方は、連絡を取りたい被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルして下さい。
0xx xxx xxxx
伝言ダイヤルセンタに接続します。※1
<4> メッセージの録音
メッセージの再生
[ガイダンス]
電話番号0XXXXXXXXX(、暗証番号XXXX)の伝言を録音します。プッシュ式の電話機をご利用の方は数字の「1」のあとシャープを押して下さい。ダイヤル式の方はそのままお待ち下さい。尚、電話番号が誤りの場合、もう一度おかけ直し下さい。
通話料が発生します※2
ダイヤル式電話機の場合 プッシュ式電話機の場合 ダイヤル式電話機の場合 プッシュ式電話機の場合
(ガイダンスが流れるまでお待ちください) 1# (ガイダンスが流れるまでお待ちください) 1#
[ガイダンス]
伝言をお預かりします。ピッという音の後に、30秒以内でお話下さい。お話が終わりましたら、電話をお切り下さい。
[ガイダンス]
伝言をお預かりします。ピッという音の後に、30秒以内でお話下さい。お話が終わりましたら、数字の9の後シャープを押して下さい。
[ガイダンス]
新しい伝言からお伝えします。
[ガイダンス]
新しい伝言からお伝えします。伝言を繰返す時は、数字の8の後シャープを、次の伝言に移る時は、数字の9の後シャープを押して下さい。
伝言の録音 伝言の再生
(ガイダンスが流れるまでお待ちください) 録音終了後
9#
[ガイダンス]
お伝えする伝言は以上です。
[ガイダンス]
お伝えする伝言は以上です。伝言を追加して録音される時は、数字の3の後、シャープを押して下さい。
[ガイダンス]
伝言を繰返します。訂正される時は数字の8の後シャープを押して下さい。
録音した伝言内容を確認する。 (ガイダンスが流れるまでお待ちください)
[ガイダンス]
伝言をお預かりしました。
[ガイダンス]
お伝えする伝言は以上です
<5> 終了 自動で終話します。
  • ※1センタ利用料について
    伝言録音・再生を行うためのセンタ利用料は無料です。
  • ※2通話料について
    「メッセージの録音」操作時において、録音できる伝言数を超えていた場合、または、「メッセージの再生」操作時において、お預かりしている伝言がない場合は通話料はかかりません。
ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。 最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

本紙へ戻る

ページ先頭へ戻る

ページの先頭へ