News Release

平成24年9月26日


次世代ネットワーク(NGN)におけるIPoE接続事業者数の拡大
に係る接続約款変更の認可申請について


 NTT西日本は、本日、総務大臣に対し、次世代ネットワーク(NGN)におけるIPoE接続事業者数の拡大について、接続約款変更の認可申請を行いました。
平成21年5月19日の接続約款の認可申請時の報道発表において、IPv6インターネット接続機能のうち「ネイティブ方式」として説明した方式です。


1.認可申請の概要
 これまで、IPoE接続事業者様の数を最大3としておりましたが、今般、ネットワーク機能拡充を実施したことにより、IPoE接続事業者様の数を最大16に拡大することが可能となったことから、接続約款の規定を変更します。
 IPoE接続事業者様が増えることにより、更なるIPv6の普及促進に資するものと考えております。
 なお、本件については、情報通信行政・郵政行政審議会の答申(平成21年8月6日公表)に基づく要請「NGNのIPv6インターネット接続に係る接続約款の変更に関して講ずべき措置について」において要請されている事項です。


2.提供開始時期
 総務大臣の認可を得た後に接続申込みをいただき、所定の手続を経た上で提供可能となります。
 (年内に接続申込みをいただければ、平成26年3月以降、提供可能となります。)



本件に関する問い合わせ先

NTT西日本 相互接続推進部
Tel 06-4793-7151
E-mail open@west.ntt.co.jp



ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社