平成24年3月15日
(報道発表資料)
横河医療ソリューションズ株式会社
西日本電信電話株式会社
エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社


横河医療ソリューションズ、NTT西日本、NTTスマートコネクトの協業による
医療機関向けクラウドサービスの提供について


 横河医療ソリューションズ株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:石河 正弘、以下、横河医療ソリューションズ)、西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:大竹 伸一、以下、NTT西日本)及びエヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:岡本 充由、以下、NTTスマートコネクト)は、ICTを活用したより良い医療、より良い社会の実現に向け、医療機関向けクラウドサービスの提供に向けて協業する事で、本日、合意しました。
 本協業の第一弾として、平成24年4月中旬から、医療機関においてCTやMRIで電子的に撮影された医用画像データをデータセンターで保管するサービスを販売開始します。


1.協業に至った背景
 近年、医療分野において、少子高齢化の進行や生活習慣病の増加による国民医療費の高騰、医師不足・偏在による地域医療の格差等多くの課題があり、病気の早期発見・早期治療、地域医療連携等の重要性が高まっています。
 医療機関においても、医療情報のデジタル化や医療機器のさらなる高度化に伴い、医療情報は大容量化の一途を辿っており、医療機関内における機器運用や医療情報の管理業務の増大や読影医師の不足が新たな課題となっています。
 また、先の東日本大震災では、医療システム上の患者データが消失し、その後の医療業務が困難になるなど、医療機関におけるBCP(事業継続計画)への関心も高まっています。
 このような背景のもと、大学病院や地域中核病院を中心に300以上の医療系システム導入実績を持つ横河医療ソリューションズと、ネットワークやデータセンターを活用したシステム構築に多くの実績・ノウハウを持つNTT西日本グループ(NTT西日本、NTTスマートコネクト)は、医療機関向けクラウドサービスの開発・提供に向け協業を行い、安心な医療の実現、患者サービスの向上に取り組んでいくこととなりました。


2.協業の内容
 本協業では、横河医療ソリューションズが保有する豊富な医療専門知識や医療機関へのシステム導入実績を背景とした質の高い技術、ノウハウならびに、NTT西日本グループの信頼性の高いネットワーク・データセンター基盤とクラウド技術、ノウハウを活かし、医療機関向けクラウド分野において、先進的かつ付加価値の高いサービスの開発・提供を推進していきます。

【各社の役割】
■横河医療ソリューションズ
医療機関向けシステムの構築・運用から得た技術、ノウハウの提供
医療機関向けクラウドサービスの提供
■NTT西日本
ICTソリューションの構築・運用実績から得た技術、ノウハウの提供
広域でセキュアなネットワークサービスの提供
■NTTスマートコネクト
データセンターおよびクラウドサービスの開発・運用から得た技術、ノウハウの提供
クラウドサービス基盤の提供


3.第一弾として販売を開始するサービス
(1)サービス概要 (別紙参照)
 これまで、CTやMRIで撮影された医用画像データは医療機関内に設置されたPACSサーバーに保管していましたが、新たにネットワークを介して信頼性の高いデータセンターに保管するクラウド型のサービスを販売開始します。

(2)本サービスの特徴
データセンターを活用することにより、データ保管の信頼性を高めることができます。
医療機関での機器運用やシステム管理に関わる負担を軽減します。
頻繁に参照する医用画像データは、医療機関内に設置したPACSサーバーから高速に参照できます。
データの保管容量は必要に応じて柔軟に拡張できます。
異なるデータセンターにバックアップを行い、信頼性を高めることができます。

(3)料金
個別見積もり
お客様のご要望により料金が変動しますので、個別にお見積りをさせていただきます。

(4)サービス販売開始時期
平成24年4月中旬販売開始


4.今後の予定
 より良い医療、より良い社会の実現に向け、今後も3社の強みを活かしたサービスの開発を鋭意行い、段階的に提供していきます。
 今後は、遠隔読影(緊急・在宅含む)基盤システムのサービス化によって地域医療連携を活性化するとともに読影医師の負担の軽減を目指します。また、医用画像関連業務・システムのアウトソーシング化によって医療従事者の負担の軽減につながるサービスを検討していきます。
 さらに将来的には、蓄積した情報を活用した画像・診療情報交換のための地域医療ハブ機能の提供や患者個人の健康情報を集約し、健康ポータル、コミュニティークラウドとして活用していく可能性を検討していきます。


PACS (Picture Archiving and Communication Systems)
CT(Computed Tomography)やMRI(Magnetic Resonance Imaging)で電子的に撮影された放射線画像データを、デジタルで保管・通信・検索・表示ができる画像保存通信システムの略称です。



別紙 サービス概要



【本件に関するお問い合わせ先】
横河医療ソリューションズ株式会社
事業推進本部 企画プロジェクト部
田中・岡本     TEL: 03-6383-6273

西日本電信電話株式会社
法人営業本部 クラウドビジネス部
村田・難波     TEL: 06-4803-3277

エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社
クラウド営業部
渡瀬・山崎    TEL: 06-4803-8913

審査 11−3705−1



ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社