(報道発表資料)

2011年11月25日
西日本電信電話株式会社
株式会社第一興商
ヤマハ株式会社


うたで絆をつなげるサービスの実現に向け、
遠隔地をネットワークで
結んだネットデュエットカラオケの実験を実施


 西日本電信電話株式会社(大阪府大阪市 代表取締役社長 大竹伸一 以下、NTT西日本)、株式会社第一興商(東京都品川区 代表取締役社長 林 三郎 以下、第一興商)、ヤマハ株式会社(静岡県浜松市 代表取締役社長 梅村 充 以下、ヤマハ)は、「演奏環境ソリューション」※1の技術を活用した遠隔カラオケサービスの実験を2011年11月25日(金)17時30分より、「DAM倶楽部 高円寺」※2にて実施します。


1.実験の内容
(1)概要
 本実験では、離れた2拠点(「DAM倶楽部 高円寺」と「目黒のスタジオ」)を「演奏環境ソリューション」の技術を活用し、通信カラオケ機「LIVE DAM」で接続をすることにより、遠隔カラオケデュエットを実現します。
 従来、離れた場所同士の遠隔デュエットを行った場合には、双方の歌(音声)がズレて(タイムラグが大きく)成立しませんでしたが、第一興商の通信カラオケ機「LIVE DAM」※3を使用し、NTT東西とヤマハによる「演奏環境ソリューション」を組み合わせることにより、違和感のない“遠隔カラオケデュエット”が実現します。(詳細は<別紙>をご参照下さい。)

(2)目的
 実際に遠隔カラオケデュエットを一般ユーザーおよび、プロ歌手に体験して頂く事により遠隔カラオケデュエットの受容性ならびに、サービス提供に向けたビジネスモデルの検証を実施いたします。


2.各社の役割
NTT西日本・ヤマハ
「演奏環境ソリューション」技術の提供
実験イベントにおける「演奏環境ソリューション」の運用サポート

第一興商
通信カラオケ機「LIVE DAM」の提供
新たなカラオケサービス創出を目指し、本実験を主体的に遂行し、実験イベントへの参加者募集、必要となる施設・機材・設備の提供


3.今後の展開
 NTT西日本、第一興商、ヤマハは、今回の遠隔カラオケデュエットの実験に伴い、地方と都心のカラオケスタジオ店舗を結んだ遠隔カラオケサービス、ネットボーカルスクール講座など、様々なサービスの検討を行い、「演奏環境ソリューション」技術とカラオケの新たな利用シーン創造を目指していきます。

※1 演奏環境ソリューション
NTT東西のNGNとヤマハの「NETDUETTO」を利用した遠隔地間を繋ぐ演奏環境ソリューション
http://www.ntt-west.co.jp/news/1103/110303a.html

※2 DAM倶楽部 高円寺
健康とコミュニケーションがテーマの“参加型コミュニティ”。従来の老人福祉館とは一線を隔した設備とコンテンツで、音楽と適度な運動を通じて若さを保ち、キズナを実感し、楽しさ・面白さを体験できる参加型コミュニティ施設。東京都杉並区高円寺南3-46-10 アクティオーレ高円寺南5F〜7F/TEL:03-6913-7220
http://www.damclub.jp/

※3 通信カラオケ機「LIVE DAM」
DAMシリーズの新フラッグシップモデルとして、フルHD映像対応など最新テクノロジーを満載し、最高の映像とサウンドで楽しさと感動を最大限に演出する業務用通信カラオケシステム。
http://www.dkkaraoke.co.jp/business/karaoke_service/products/livedam/
http://www.clubdam.com/livedam/



<別紙>  実験詳細 「歌でつなげよう心の絆」 ネットデュエット歌合戦〜佳山明生と夢の共演〜



この件の掲載に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

西日本電信電話株式会社
サービスクリエーション部 新ビジネス部門 末原/堀/中村/馬場
TEL: / 06-4793-5776/ FAX:06-4791-9571
http://www.ntt-west.co.jp/

株式会社第一興商 広報担当 関森/吉野
TEL:03-3280-2100 / FAX:03-3280-3385
http://www.dkkaraoke.co.jp/ (official)
http://www.clubdam.com/ (entertainment)

ヤマハ株式会社 広報部 広報グループ 丸橋/瀧澤
TEL: 03-5488-6601/ FAX:03-5488-5060
http://jp.yamaha.com/

審査 11-2320-2



ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社