(第4報:19時30分現在)
平成23年3月18日
西日本電信電話株式会社


東北地方太平洋沖地震による通信被害に対する
復旧支援について(第4報)
(通信サービスの復旧に向けた調査隊の派遣)


 このたびの東北地方太平洋沖地震により被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
 NTT西日本では、東北地方太平洋沖地震による通信被害等に伴い、まずは、被災者の方々の通信手段の早期確保に向けた緊急支援施策を実施しておりますが、本日、通信サービスの復旧に向けた調査のため、以下の通り社員12名を被災地へ派遣しました。
 なお、被災地において、通信サービスの復旧作業に当たるNTT西日本グループ社員の派遣については、現在、人員等について調整中であり、詳細が決定次第、別途お知らせします。

 また、平成23年3月12日(土)にポータブル衛星電話装置ならびに移動電源車の移送および、それらの設置作業等に伴う社員の派遣を行っておりますが、その後、交代要員等含め、平成23年3月18日(金)時点で、のべ約270名(当初派遣の約160名を含む)を派遣しております。


1. 通信サービスの早期復旧に向けた通信設備の被災状況調査隊の派遣

 NTT西日本は、NTT東日本エリアにおける被災地の通信サービスの早期復旧に向け、復旧作業を開始していくための通信設備の被災状況についての調査を実施するため、以下の通り社員を派遣します。

(1) 派遣する社員数 12名(関西エリア:8名、北陸エリア:4名)
(2) 目的 通信サービスの復旧に向けた通信ケーブル等の被災状況調査
(3) 出発時期 平成23年3月18日(金)
(4) 派遣先 岩手県内の被災地エリア



ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社