平成22年7月14日
(お知らせ)
西日本電信電話株式会社


「ひかりソフトフォン」の新機能の提供等について
〜「データコネクト」を利用し簡単にファイル送受信が可能に〜


 NTT西日本は、パソコンで「ひかり電話」をご利用いただける「ひかりソフトフォン」について、平成22年7月15日(木)より、セキュアで安定した帯域確保型データ通信サービス「データコネクト」に対応した※1ファイル送受信機能を新たに追加します。
 あわせて「ひかりソフトフォン」はMicrosoft® Windows®7※2へも対応し、かつパソコンの利用条件追加により、より多くのお客様に「フレッツ 光ネクスト」ならではの高品質なサービスをご利用いただけます。

※1 「ひかり電話」の電話番号(0AB〜J)を利用して、セキュアで安定した帯域確保型データ通信を実現します。
「フレッツ 光ネクスト」をご利用の方が「ひかり電話」をご利用いただく場合に「ひかり電話」の基本機能として提供されます。
詳しくはhttp://flets-w.com/hikaridenwa/service/dataconnect/index.htmlを参照願います。
※2 Microsoft、Windows 7は、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

<「ひかりソフトフォン」について>
「ひかりソフトフォン」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」「ひかり電話」およびプロバイダの契約・料金が必要です。
ただし、「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話オフィスA(エース)」「ひかり電話ナンバーゲート」ではご利用いただけません。
「ひかりソフトフォン」をご利用いただくには、「フレッツ 光ネクスト」の「ひかり電話」をご契約の上、対応端末をご利用いただいていることが条件になります。
パソコンやWebカメラ、ヘッドセットなど、別途必要な機器をお客さまにてご用意いただく必要があります。
ただしお使いのパソコン環境(機器・OS等)によっては「ひかりソフトフォン」をご利用いただけない場合があります。
詳しくはホームページ(http://flets-w.com/next/hikari/softphone.html)にてご確認ください。
ソフトウェアのダウンロードは無料ですが、別途、ご利用にあたっては「ひかり電話」の月額基本料金や通話料金等が発生します。


1.「ひかりソフトフォン」の概要
 「ひかりソフトフォン」は、「フレッツ 光ネクスト」をご利用のお客さまでかつ「ひかり電話」をご契約のお客さまが、パソコンで「ひかり電話」をご利用いただける無料のソフトウェアです。標準音質の電話に加え、「フレッツ 光ネクスト」ならではのサービスである高品質なテレビ電話や高音質電話をご利用いただけます。


2.新たに追加された機能等
(1) 「データコネクト」対応のファイル送受信機能
 「ひかりソフトフォン」による音声通話中やテレビ電話中のみならずファイル送受信のみの場合でも「データコネクト」の機能を使って、相手先電話番号を利用した簡単なファイルの受け渡しが可能となります。また、「ひかり電話」の電話番号(0AB〜J)を利用した1対1の通信形態であるため、なりすまし等の防止に効果があり、かつ閉域網であるNGNを利用していることから、より秘匿性の高い通信が可能となります。

<「ひかり電話」について>
「ひかり電話」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」の契約・料金が必要です。
0039等の電気通信事業者を指定した発信、ダイヤルQ2など、一部かけられない番号があります。
停電時は「ひかり電話」はご利用いただけません。

<「ひかりソフトフォン」におけるテレビ電話・高音質電話・「データコネクト」について>
高音質電話、「データコネクト」のご利用にあたっては、契約者及び相手方が、「フレッツ 光ネクスト」の「ひかり電話」サービスをご契約の上、各サービスに対応した通信機器等をご利用いただく必要があります。
各サービスを複数の組み合わせでご利用いただく場合、各サービスの機能、及びその他のサービスの一部の機能が制約される場合があります。また、他のサービスと組み合わせてご利用いただけない場合があります。
テレビ電話の通話料、「データコネクト」の通信料は「ひかり電話」の音声通話料と異なります。
平成22年5月以前に「フレッツ 光ネクスト」で「ひかり電話」をご契約で、テレビ電話もしくは高音質電話のお申し込みのないお客さまは、ご利用にあたりお申し込みが必要です。
データの送受信を行っている場合のみではなく、帯域を確保している間について課金されます。
「ひかり電話A」をご契約のお客さまで、「データコネクト」をご利用の場合、データ通信料は「ひかり電話A」の月額基本料に含まれる通話料分の対象になりません。ただし、音声通信またはテレビ電話と同時にご利用の場合は、「ひかり電話A」の月額基本料に含まれる通話料分の対象になります。
「ひかりソフトフォン」で「データコネクト」のみをご利用の場合、その通信はテレホンカードによる支払充当は対象外となります。
「データコネクト」と合わせて音声通話またはテレビ電話等を利用した場合には、同時に利用した通話・通信の帯域合計に対して、テレビ電話の料金で課金されます。

(2) Microsoft® Windows®7への対応
これまでの対応OSに加え、新たにMicrosoft® Windows®7でもご利用が可能となります。

(3) より多くのパソコンでも利用可能
 これまでのVGAモード(640×480ピクセル)に加えて、新たにQVGAモード(320×240ピクセル)を追加いたします。これによりネットブックパソコン相当のCPU※3を搭載したパソコンでも快適に「ひかりソフトフォン」をご利用いただけるようになります。
※3 デュアルコア もしくは インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー対応 (詳しくは別紙1をご参照ください)


3.具体的利用イメージ
(1) ビジネスユース
 特別な専用機器等の追加なしで、事務所などの拠点間において、電話をしながら打合せ資料・売上日報などの重要情報をセキュアに送信することが可能です。

(2) ホームユース
 「ひかり電話」の電話番号(0AB〜J)を使い、遠方に住んでいる家族等に高品質なテレビ電話をしながら、お子さまの写真を簡単に送ることができます。


4.「ひかりソフトフォン」の提供方法
 「ひかりソフトフォン」ホームページ※4にて提供(ダウンロード)
※4 http://flets-w.com/hikaridenwa/softphone/


5.提供開始日
 平成22年7月15日(木)


6.お客さまからのお問い合わせ先
0120‐116116 (携帯電話・PHSからもご利用いただけます。)
受付時間:午前9時〜午後9時
(土・日・祝日も受付しております。年末年始12/29〜1/3を除きます。)

<「フレッツ 光ネクスト」について>
サービス提供エリアであっても、設備の状況等によりサービスのご利用をお待ちいただいたり、サービスがご利用いただけない場合がございます。
サービス提供エリアにつきましては、お問い合わせいただくか、もしくは弊社ホームページ(http://flets-w.com/)にてご確認ください。
お客さま建物内の既設の配管設備等の状況により、新たに配管設備等のご用意をお願いする場合があります。
本サービスについては、ご利用のパソコン環境(OS等)により、一部機能が制約される場合があります。
詳しくは、弊社ホームページ(http://flets-w.com/)にてご確認ください。
パソコン等の端末機器を接続するのに必要なLANケーブルやLANカード等はお客さまにてご準備ください。



【別紙1】「ひかりソフトフォン」の利用条件、提供価格および通話・通信料
【別紙2】ファイル送受信機能イメージ



【本件に関する報道機関からのお問い合わせ先】
NTT西日本
サービスクリエーション部 ボイスサービス部門
担当:森島 大野
TEL:06‐4793‐5660

審査 W10-1396-5



ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社