News Release

平成22年1月13日


電気通信市場の変化に対応した接続ルールの見直しに伴う
接続料金等の認可申請について


 NTT西日本(以下、当社)は、本日、総務大臣に対し、接続料金等に係る接続約款変更の認可申請を行いました。


1.概要
 当社は、情報通信審議会答申「電気通信市場の変化に対応した接続ルールの在り方について(平成21年10月16日公表)」及び平成22年1月8日に改正された関係省令・告示等を踏まえ、接続約款の規定を変更することとしました。主な内容は以下のとおりです。

(1) 戸建て向け光屋内配線の提供条件及び接続料金
(2) き線点〜利用者宅間のメタル設備の利用に係る提供条件及び接続料金
(3) WDM(波長分割多重)装置が設置されている区間における中継光ファイバの提供条件及び接続料金
(4) 中継光ファイバに係る異経路構成の確認調査手続き


2.接続料金案
 別紙のとおりです。


3.実施時期
 総務大臣の認可を得た後、速やかに接続約款の変更を実施します。



(別紙)主な接続料金案
[参考資料]概要について

(参考) 「電気通信市場の環境変化に対応した接続ルールの在り方について」
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/20130.html



本件に関する問い合わせ先
NTT西日本 相互接続推進部
 Tel 06-4793-7181
 E-mail open@west.ntt.co.jp



ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社