(報道発表資料)
平成21年6月11日
東日本電信電話株式会社
西日本電信電話株式会社


事業所向け着信課金サービス「フリーアクセス・ひかりワイド」を
ご利用のお客様における一部通話料金の過大請求について


 NTT東日本及びNTT西日本が平成17年4月から提供する「フリーアクセス・ひかりワイド」※1をご利用いただいているお客様に対して一部の通話料金を過大に請求していた事象が判明いたしました。
  お客様には多大なるご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げますとともに、過大請求となっていた通話料金につきましては速やかに返還させていただきます。
※1 通話料金を着信者様側でお支払いただく課金サービスです。主に法人のお客様にてご利用いただいております。


1.過大請求発生期間及び対象ユーザ数等
<発生期間>
平成17年4月〜平成21年4月

<対象ユーザ数、過大請求金額>
現在把握できている平成20年10月〜平成21年4月のご利用分は、以下のとおりです。

NTT東日本  対象ユーザ数: 1,792ユーザ、過大請求金額: 1,079,324円
NTT西日本  対象ユーザ数: 1,881ユーザ、過大請求金額: 853,830円


2.発生原因と事象
 「フリーアクセス・ひかりワイド」の料金計算プログラムの一部に誤りがあり、ピンク電話機等※2からの通話が着信した場合に、本来、3分当たり6.3円〜10.5円※3で料金計算を行うところを誤って公衆電話から着信した場合に適用される、1分当たり21円〜31.5円※4で料金計算を行っておりました。
※2 ピンク電話機等とは、硬貨等を投入して通話ができる機能を有する電話機であり、主に飲食店や病院などに設置していただいているピンク色等の電話機となります。
※3 「ひかり電話」、「ひかり電話オフィスタイプ」、「ひかり電話ビジネスタイプ プラン2」をご利用の場合は、3分当たり8.4円となります。
「ひかり電話ビジネスタイプ プラン1」をご利用の場合、県内通話時は、3分当たり6.3円、県間通話時は、3分当たり10.5円となります。
※4 県内通話時は、1分当たり21円、県間通話時は、1分当たり31.5円となります。


3.対象となるお客様
 「フリーアクセス・ひかりワイド」をご契約いただいており、ピンク電話機等から着信があったお客様が対象となります。


4.お客様への対応及びお願い
 料金返還の対象となるお客様には、個別にご案内を差し上げ、お詫びするとともに過大請求金額等について返還させていただきます。
 また、現時点で「フリーアクセス・ひかりワイド」、及び「ひかり電話(「ひかり電話オフィスタイプ」、「ひかり電話ビジネスタイプ」を含む)」のいずれについても解約されているお客様におかれましては、ご連絡先がわからない場合があることから、以下のお問合せセンタにお申し出いただきますようお願いいたします。
 なお、その他のお問合せ等につきましても、以下のお問合せセンタにおいて承ります。

【NTT東日本 フリーアクセス・ひかりワイド料金お問合せセンタ】
0120−555361(携帯電話、PHSからもご利用いただけます)
 受付時間:午前9時〜午後9時(土日、祝日も受付を実施させていただいております)
 NTT東日本エリア:新潟県、長野県、山梨県、神奈川県以東の17都道県

【NTT西日本 フリーアクセス・ひかりワイド料金お問合せセンタ】
0120−555028(携帯電話、PHSからもご利用いただけます)
 受付時間:午前9時〜午後9時(土日、祝日も受付を実施させていただいております)
 NTT西日本エリア:富山県、岐阜県、静岡県以西の30府県


5.再発防止に向けた取り組み
 今後、このような事態を招かぬよう、プログラム設計・動作のチェック強化、並びにプログラム動作の正常性確認のための試験の強化を図り、再発防止に努めてまいります。



<本件に関する報道機関からのお問合せ先>
西日本電信電話株式会社
営業本部 オフィス営業部
光IP電話グループ 池田、山副、片山
TEL:06−4793−5411



ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社