Topics

平成20年12月15日


時報サービス「117」の「うるう秒」調整の実施について


 NTT西日本およびNTT東日本(以下、NTT東西)は、時報サービス「117」について平成21年1月1日(木)に「うるう秒」の調整を行います。
 昭和47年7月1日に第1回の「うるう秒」の調整を行い、今回で24回目の実施となります。なお、前回は、3年前の平成18年1月1日に実施しました。


1.概要
 日本標準時の維持・通報を実施している独立行政法人 情報通信研究機構が、平成21年1月1日(木)に「うるう秒」の調整を行うことに伴い、NTT東西の時報サービス「117」においても「うるう秒」の調整を実施します。


2.調整方法
 加入電話、INSネットの時報サービス「117」では、過去のうるう秒調整と同様に、平成21年1月1日(木)、午前8時58分20秒から午前9時00分00秒までの100秒間に時報サービス「117」の秒音を100分の1秒ずつ長くして、合計で時刻を1秒遅らせ、午前9時ちょうどに日本標準時に合うようにします。また、平成18年6月より提供を開始したひかり電話の時報サービス「117」では、独立行政法人情報通信研究機構の調整にあわせ、平成21年1月1日(木)午前9時00分00秒のお知らせ(ポーン音)を2回鳴らすことで調整を行います。


(参考)時報サービス「117」について
 時報サービスは、昭和30年6月10日に「時の記念日」を期して、東京で試行サービスとしてスタートしました。当初は、地域により番号が異なっていましたが、昭和39年3月から「117」に全国統一し、正確な時刻を手軽にかつスピーディーに確認できるサービスとして長年親しまれ、多くのお客さまにご利用いただいております。



<本件に関するお問合せ先>  
NTT西日本 営業本部
マーケティング部 東岡、杉森
TEL 06-4793-5371
  NTT東日本 コンシューマ事業推進本部
営業推進部 新野、岩谷
TEL 03-5359-7220



ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社