News Release

平成20年1月31日


リアルタイムで遠隔地に重要データのバックアップを行う
「遠隔データ保管ソリューション」の提供開始について


 西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)は、企業のIT化が進展し企業情報の重要性が高まりつつある中、自然災害等により企業活動の集積である顧客データや取引情報等の重要データの消失を防ぐため、中堅中小企業向けに、従来の専用線等を使う場合と比較して低コストで、リアルタイムに遠隔地へのバックアップを行う「遠隔データ保管ソリューション」(以下、本ソリューション)を平成20年2月6日(水)から提供開始します。


1.背景
 インターネットを利用したビジネスの急速な拡がりやIT化の進展によって、企業内情報システムの重要性は以前にも増して高まっています。
 このような社会背景の中、地震・水害等の自然災害等により情報システムに損害が発生した際、速やかに事業を再開することができるよう、BCP※1の取組みを強化する企業が近年増えています。その取り組みの一環として、一部の大手企業等では、自社の情報システムをデータセンタ※2へ設置したり、システムを二重化する等の対策を実施しています。
 しかしながら多くの中堅中小企業では、自然災害等のリスクに対しての意識はあるものの、どこから手をつけて良いかわからない場合や、既存のシステム構成を大きく変更したくない、また高い費用を伴う対策は打つことができないといったケースが多いのが現状です。
 そこで、NTT西日本では、情報システムに事故が発生した場合に、完全に復旧できない、業務が再開できないといった、企業にとって最悪の事態を避けるため、顧客データや企業のノウハウ等の「重要なデータを低コストかつリアルタイムに守ること」を目的に本ソリューションを開発し、提供開始することとしました。


2.本ソリューションの概要
 本ソリューションは、NTT研究所で培ってきた先進的なデータ転送技術※3とNTT西日本のフレッツ光※4との組み合わせにより、低コストかつリアルタイムにデータバックアップを実現し、そのバックアップファイルサーバを遠隔地の安全なデータセンタに設置することにより、企業にとっての重要なデータを守ります。データのバックアップは、常時、自動的にかつ安全に実施されるため、お客様自身はバックアップの実行を意識する必要がない上、自然災害等によりお客様側サーバの故障に伴ってデータが消失した場合でも、データセンタ内バックアップデータを用い、故障前の最新のデータで業務の再開が可能です。
(本ソリューションのイメージは別紙をご参照ください)


3.主な特長
(1)ベストエフォート型のネットワークによる高信頼のバックアップ
 ネットワークの混雑具合に応じた転送側の制御により、リアルタイムなデータ転送を可能にする技術(NTT研究所が開発)を採用し、ベストエフォートのフレッツ光と組み合わせることにより、リアルタイムかつ低コストで高信頼のバックアップを実現します。
 また、バックアップ容量は、約500GBと約1TBの2種類を用意しております。

(2)お客様のシステムに追加するだけで利用可能
 お客様のご利用中のシステムにファイルサーバを追加するだけで利用可能であるため、お客様のシステム構成に大きな変更を加える必要がありません。

(3)高信頼のセキュリティ
 フレッツ・グループを利用することにより、インターネットを経由せずNTT西日本のフレッツ網上で仮想プライベートネットワーク(VPN)を形成するため、遠隔地のデータセンタへの高セキュリティな接続を実現します。

(4)安全なデータセンタへの保管
 防災性に優れたNTT西日本のデータセンタ内に設置したお客様等の設備にデータをリアルタイムにバックアップし、サーバ等に対して24時間365日の監視を行うため、万が一機器に異常が発生してもNTT西日本が迅速に対応します。


4.概算費用(消費税含む)
 (ハードウェアが約500GBでリース契約期間が5年の場合)
・初期費用 20.6万円〜 ・月額費用 14.4万円〜
* 初期費用: 契約料・工事費を含みます。
* 月額費用: 物品費、回線利用料、データセンタ利用料、保守費用(ハード・ソフト)等含みます。
(注1) ご利用形態や収容データセンタにより、価格は異なります。
(注2) 物品費には、ファイルサーバ(1台)・バックアップサーバ(1台)・ブロードバンドルータ(2台)が含まれています。
(注3) 物品費等については、別途リース会社との契約が必要となります。


5.提供開始日
 平成20年2月6日(水)


6.提供地域
 NTT西日本の営業エリアである西日本(富山県、岐阜県、静岡県以西の30府県)地域で提供します。


7.お客様からの問い合わせ先
 お客様を担当する弊社営業担当、または下記メールアドレスまでお問い合わせください。
<お問い合わせメールアドレス> dc-info@bch.west.ntt.co.jp

※1 BCP: (Business Continuity Plan:事業継続計画)
企業等が自然災害、大火災、テロ攻撃等の緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段等決めておく計画のこと。
※2 データセンタ: お客様のサーバ等を預かり、保守・運用サービス等を提供する防災性の高い施設。
※3 データ転送技術: ベストエフォートのネットワークであっても、ネットワークの混雑具合に応じた転送側の制御により、リアルタイムなデータ転送を可能にするNTT独自の技術。
※4 フレッツ光: NTT西日本が提供する光ブロードバンドサービス「フレッツ・光プレミアム」「Bフレッツ」の総称。



【別紙】構成およびソリューションイメージ図



<本件に関する報道機関からのお問い合わせ先>
NTT西日本 法人営業本部
フィールドサービス部 担当:甲斐、村上
TEL:06-4803-3282
e-mail:dc-info@bch.west.ntt.co.jp


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社