News Release

平成19年3月29日


「ひかり電話ビジネスタイプ」における
「フレッツ・光プレミアム エンタープライズタイプ」への
対応開始について
〜 低コストで最大100chまで対応可能 〜


 NTT西日本は、法人向け光IP電話サービス「ひかり電話ビジネスタイプ」を提供しておりますが、サービスのご利用にあたり1回線で最大100ch(チャネル)を提供可能なアクセス回線として、平成19年4月1日から新たに「フレッツ・光プレミアム エンタープライズタイプ」※1がご利用いただけるよう対応を開始します。これにより、事業所様の規模に柔軟に対応し、低コストにて光IP電話サービスをご利用いただける環境の充実を図ります。
※1 NTT西日本が提供するユーザインターフェースが1Gbpsの光アクセス回線サービス(平成18年8月提供開始)


1.概要
 「ひかり電話ビジネスタイプ」では、これまでサービスのご利用にあたりお客様にご用意いただくアクセス回線として、「ビジネスイーサ」および「Bフレッツ ベーシックタイプ」をご利用いただいておりますが、この度、新たに「フレッツ・光プレミアム エンタープライズタイプ」をアクセス回線としてご利用いただけるようになります。「フレッツ・光プレミアム エンタープライズタイプ」は、1アクセス回線で「ひかり電話ビジネスタイプ」を最大100ch(チャネル)まで低コストにてご利用いただける環境を実現します。
 「ひかり電話ビジネスタイプ」において、ご利用可能なNTT西日本のアクセス回線メニューおよび最大対応ch(チャネル)数は以下の通りです。

<ひかり電話ビジネスタイプ>
<ひかり電話ビジネスタイプ>
※2 フレッツ・あっと割引適用時の利用料金です。「屋内配線利用料」[200円(税込210円)(ただしビル等の場合は1,000円(税込1,050円)となる場合があります)]、「回線終端装置利用料」2,500円(税込2,625円)が別途必要となります。
※3 フレッツ・あっと割引適用時の利用料金です。「屋内配線利用料」[200円(税込210円)(ただしビル等の場合は1,000円(税込1,050円)となる場合があります)]、「回線終端装置利用料」900円(税込945円)が別途必要となります。
※4 アクセス回線に「ビジネスイーサ・タイプ1(100M)(県域メニュー)」をご利用の場合の料金です。
お客様側の使用料とひかり電話ビジネスタイプに収容する側の使用料が必要となります(ひかり電話ビジネスタイプに収容する側は、7,740円(税込8,127円)の減額となります)。
「回線終端装置利用料」1,800円[税込1,890円(945円×2回線分)]が別途必要となります。


2.対応開始日
平成19年4月1日(日)


3.対応可能エリア
NTT西日本における「フレッツ・光プレミアム エンタープライズタイプ」の提供エリア


4.お客様からのお問い合わせ先
お客様を担当する弊社営業担当、または下記メールアドレスまでお問い合わせください。
<お問合せメールアドレス> ipc@west.ntt.co.jp



【別紙】ひかり電話ビジネスタイプのサービスイメージ



【本件に関する報道機関からのお問い合わせ先】
NTT西日本 マーケティング部
ボイスサービス部門
電話:06-4793-5651
E-mail:ipc@west.ntt.co.jp


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社