News Release

平成18年1月17日


ユニバーサルサービス基金制度における
適格電気通信事業者の指定の申請について


 NTT西日本は、本日、総務大臣に対し、ユニバーサルサービス(基礎的電気通信役務)の日本全国における安定的な提供を確保するため、ユニバーサルサービス基金制度による交付金の交付を受けられるよう、適格電気通信事業者の指定の申請を行いました。
 また、これに伴い、ユニバーサルサービスの提供に関する収支等の状況について、平成16年度の「基礎的電気通信役務収支表」を公表しています。


1.適格電気通信事業者の指定の申請の概要
 ユニバーサルサービスの提供について、次の内容により申請しました。
1.適格電気通信事業者の指定の申請の概要
(注) 加入電話の市内通信については、現在、総務省情報通信審議会に諮問されている改正省令案が施行された場合、対象外となります。

2.ユニバーサルサービスの提供に関する収支等の状況
 平成16年度は別紙のとおりです。
 なお、今次申請により指定された場合、基金制度による交付金は平成17年度以降を対象として算定されるため、今後、毎年、収支を公表してまいります。



(別紙) 基礎的電気通信役務収支表
(参考) 高コスト地域のサービス提供における費用等の状況〔平成15年度・試算〕


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社