(報道発表資料)
平成17年12月27日

宮崎空港ビル株式会社
西日本電信電話株式会社
エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社


宮崎空港における公衆無線LANサービスの
提供開始について


 宮崎空港ビル株式会社(取締役社長:日高 雄清)、西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本、代表取締役社長:森下 俊三)は共同で、宮崎空港のロビーや搭乗待合室等において、公衆無線LANを用いたインターネット接続サービスを以下のとおり提供開始いたします。
 本サービスは、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(以下、NTTBP、代表取締役:小林 忠男)の共用型公衆無線LAN方式を採用します。この方式は、1つのアクセスポイントを複数の公衆無線LANサービス事業者が共同で利用できるため、より多くのお客様に公衆無線LANサービスをご利用いただけるようになります。
 この度、宮崎空港への公衆無線LANサービス提供により、出張等で空港をご利用されるお客様へのブロードバンド環境の充実ならびに更なる利便性の向上に繋がるものと考えております。


1.サービス開始時期
 平成17年12月28日(水)


2.ご利用場所(詳細は別紙1
・1F オアシス広場、チェックインロビー、到着ロビー
・2F 搭乗待合室、出発ロビー(西)
・3F ラウンジマリィリア、レストランコスモス内


3.提供サービス
 ご利用にあたっては、下記の公衆無線LANサービスにご加入していただく必要があります。
・NTT西日本の公衆無線LANサービス『フレッツ・スポット』
 (サービス内容等は別紙2を参照願います。)


4.その他
共用型公衆無線LAN設備の設置・運用は、NTTBPが行います。
今後、更なるお客様の利便性向上の観点から、他の無線LANサービス事業者にも参入を呼びかけてまいります。



(別紙1) 宮崎空港内のご利用場所
(別紙2) 「フレッツ・スポット」の概要


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社