News Release

平成17年12月22日


複数拠点間の電話会議を簡単に行える
IP電話会議装置「MB−1000」の販売開始について


 NTT西日本及びNTT東日本(以下、NTT東西)は、「ひかり電話ビジネスタイプ」や「フレッツ・グループ(NTT西日本)/フレッツ・グループアクセス(NTT東日本)」を利用し、複数拠点間の電話会議を安価で簡単に行えるIP電話会議装置「MB−1000」(以下、本商品)を、平成17年12月26日(月)から販売開始します。

商品名 IP電話会議装置「MB−1000
販売価格 148,000円
(税込155,400円)
販売開始日 平成17年12月26日(月)
販売地域 全国
販売予定数 1,000台/年(NTT西日本)
1,000台/年(NTT東日本)


1.商品概要
 本商品は、アナログ回線に加え、「ひかり電話ビジネスタイプ」※1や「フレッツ・グループ/フレッツ・グループアクセス」※2といったIPネットワークを利用し、複数拠点間の電話会議を安価で簡単に行えるIP電話会議装置です。
 また、NTTサイバースペース研究所が技術開発した(平成17年7月26日発表)「方向別自動音量調整技術※3」及び、「多地点用広帯域音声コーデック技術※4」を採用した初の商品となり、便利で快適な電話会議を実現します。

※1:  NTT東西が提供する法人ユーザ向けのIP電話サービスです。別途、NTT東西との契約が必要です。
※2:  NTT東西が提供する「Bフレッツ」(NTT東日本では、ビジネスタイプを除く)や「フレッツ・ADSL」等を利用したIP−VPNサービスです。別途NTT東西との契約が必要です。
※3:  複数の発言者のいる方向と声の大きさを識別し、それぞれの声の大きさを適正な音量に自動調整する技術。
※4:  マイクから入った音声信号をIP通信用のディジタルデータに変換する技術。一般的なIP電話では音声帯域が3.4kHzのG.711方式を用いることが多いのに対して、本技術では、より広い音声帯域で容易に多地点会議を行うためのデータ構造を採用しています。


2.主な特長
(1)「ひかり電話ビジネスタイプ」対応※5
 「ひかり電話ビジネスタイプ」に対応しているので、同一契約者グループ間の通話料が無料※6となり、時間を気にせず3.4kHzの音声帯域を利用した電話会議を行えます。

※5:  別途、「ひかり電話ビジネスタイプ」に対応したルータ等が必要です。
※6:  NTT西日本提供エリア内同士または、NTT東日本提供エリア内同士の通話に限ります。

(2)「フレッツ・グループ/フレッツ・グループアクセス」対応
 「フレッツ・グループ/フレッツ・グループアクセス」に対応しているので、グループメンバ間の通話料が無料となり、時間を気にせず電話会議を行えます。
 また、従来の電話帯域の3.4kHzよりも広い7kHz帯域の音声コーデック(多地点用広帯域音声コーデック技術)を採用し、高品質な音声による電話会議を行えます。

(3)多地点接続機能を搭載
 本商品は、多地点接続機能を搭載しているので、電話会議サービス等を別途契約することなく、最大5拠点間※7での電話会議が可能となり、ランニングコストを意識せず、お客様の必要に応じて手軽に電話会議を行えます。

※7:  会議主催者1拠点+会議参加者4拠点(IPネットワーク接続最大3拠点・アナログ回線接続最大1拠点)の構成となります。

(4)マイクから離れた人の声もクリア(方向別自動音量調整技術採用)
 複数の会議発言者の方向を識別し、それぞれの声の大きさを自動的にかつ同時に適正な音量に補正することができる機能を搭載しています。マイクから離れた人(約4mまで)の声を近くの人と同じ音量に自動調整され、クリアな音声によるスムーズな会議の進行が可能となります。


MB−1000
MB−1000



別紙 「IP電話会議装置 MB−1000」主な仕様
参考 MB−1000の利用イメージ図


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社