News Release

平成17年10月18日


新デザイン電話機を採用したIP対応ビジネスホン
「Netcommunity SYSTEM αGXシリーズ」の
販売開始について


 NTT東日本およびNTT西日本(以下NTT東西)は、電話操作の「使いやすさ」と、鮮明で大きな文字による「見やすさ」を追求し、オフィス環境に合わせて選べる新デザイン電話機を採用したIP対応ビジネスホン「Netcommunity SYSTEM αGXシリーズ」(以下本シリーズ)を、平成17年10月20日(木)から販売開始します。
 本シリーズは、お客様のご利用環境や規模に応じて3タイプをラインナップしており、法人向けIP電話サービス「ひかり電話ビジネスタイプ」やブロードバンド環境等を、より安価かつ簡単に構築可能となります。

商品名 Netcommunity(ネットコミュニティ) SYSTEM αGX
TypeS TypeM TypeL
販売価格例 約55万円※1
(税込約58万円)
約107万円※2
(税込約112万円)
約311万円※3
(税込約327万円)
ひかり電話ビジネスタイプ
最大収容チャネル
4チャネル 12チャネル 138チャネル
販売開始日 平成17年10月20日(木)
販売地域 全国
販売予定数 約50,000セット/年(NTT東日本)
約50,000セット/年(NTT西日本)

※1  αGX TypeS: IP電話×4ch、アナログ×1回線、標準電話機×3台、停電用電話機×1台、アナログコードレス×1台のシステム概算価格です。
※2  αGX TypeM: IP電話×8ch、INSネット64×2回線、標準電話機×7台、停電用電話機×2台、デジタルコードレス×3台のシステム概算価格です。
※3  αGX TypeL: IP電話×10ch、INSネット64×1回線、標準電話機×29台、停電用電話機×1台、デジタルコードレス×10台のシステム概算価格です。


【主な特長】
(1)見やすく便利な新デザイン電話機(多機能電話機)
 「大型液晶ディスプレイ」や「白色バックライト」の採用により、暗い場所でも文字が鮮明に表示されるとともに、「チルトアップ機能」により、ディスプレイの角度を調整できるので、従来に比べより見やすくなっています。
 また、携帯電話で用いられている「上下左右ボタン」の採用により、使用頻度の多い電話帳機能からの発信や着信履歴の確認などの操作性を大幅に向上しました。
 さらに、オフィス内の雰囲気や自分の好みに応じて、電話機本体の色(2種類)とパネルカラーの色(3種類)を自由に組み合わせることができます。

(2)使いやすくスマートな新型コードレスホン
 「バックライト」の採用により、暗い場所でも文字が鮮明に表示されます。 また、コードレスホンでありながら複数の回線状態を表示する「マルチラインキー」により、現在使用中の回線が一目でわかるとともに、転送や保留等の操作が多機能電話機と同じ使い方となるので便利です。
 さらに、携帯電話で用いられている「上下左右ボタン」の採用により、使用頻度の多い電話帳機能からの発信や着信履歴の確認などの操作性を大幅に向上した、薄型デザインの使いやすいコードレスホンです。

(3)「ひかり電話ビジネスタイプ」対応
 ブロードバンドルータユニット(オプション)を搭載することにより、NTT東西が提供する法人向けIP電話サービス「ひかり電話ビジネスタイプ」をご利用いただけます。現在ご利用中の電話番号をそのままご利用いただけるほか、外線通話等の通信コストを削減することができます。

(4)高速インターネットアクセス環境の構築を実現
 ブロードバンドルータユニット(オプション)を搭載することにより、インターネットがご利用いただけます。インターネット接続時の通信速度が従来の最大約50Mbpsから最大約99Mbpsに大幅に向上し、より高速かつ快適なブロードバンド環境が可能となります。

(5)質の高いお客様応対を効率的に実現する「CTI連携機能」対応
 小規模な受付業務(コールセンタ)等のソリューションニーズに対応するため、CTI連携機能を可能とするミドルウェアを追加(オプション)することにより、顧客管理や受付業務の効率化を実現します。

(6)通信費管理を容易に行える「料金管理機能」対応
 料金管理ソフトウェア※4を活用することにより、内線電話機毎やテナント毎の通話料金の算出が可能となり、請求書や通話料金明細書の作成など通信費の管理が容易に行なえます。
※4 料金管理ソフトウェアが別途必要となります。


<新デザイン電話機の比較>

<新デザイン電話機の比較>


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社