News Release

平成17年3月22日


「ひかり電話ビジネスタイプ」(旧:法人向けIP電話サービス)の
本格展開に向けた提供条件変更について


 NTT西日本は、光IP電話の本格的な展開に向け、大口法人のお客様向けに提供中の「法人向けIP電話サービス※1」をさらに多くの法人のお客様にご利用いただけるよう、平成17年3月28日(月)より名称を「ひかり電話ビジネスタイプ」に改称するとともに、提供条件を変更いたします。

※1 「法人向けIP電話サービス」は、現在大口法人のお客様向けに提供しているIP電話サービスです。 概要については、【参考】をご覧ください。


<「ひかり電話ビジネスタイプ」の提供条件変更>

(1)基本料金の変更
 これまで基本料金として100chまで80,000円(税込84,000円)としていましたが、現在ご利用いただいている電話回線数の少ないお客様にもご利用いただけるよう、1chごとに800円(税込840円)とします。
 変更後の基本料金は以下の通りです。

(1)基本料金の変更
電話番号使用料に変更はありません。

(2)通話料金プランの追加
 お客様の県内/県間通話のご利用傾向に応じて通話料金プランをご選択いただけるよう、新たに県内/県間同一料金プランを追加します。
 変更後の通話料金プランは以下の通りです。

(2)通話料金プランの追加
その他の区分の通話料金に変更はありません。

(3)アクセス回線の追加
 サービスのご利用にあたりお客様にご用意いただくアクセス回線として、新たに「Bフレッツベーシックタイプ」を追加します。
 ご利用可能なNTT西日本のアクセス回線メニューは以下の通りです。

(3)アクセス回線の追加
サービスイメージやご利用形態については、【別紙1】【別紙2】をご覧ください。

(4)「ひかり電話ビジネスタイプ対応機器」のレンタル提供開始
 サービス導入時のイニシャルコストを抑えたいというお客様のご要望にお応えして、今回新たに対応アクセス回線に追加した「Bフレッツベーシックタイプ」に対応した「ひかり電話ビジネスタイプ対応機器」であるCE(カスタマエッジ)※2のレンタル提供を開始します。

※2 音声とデータを重畳したIP通信が可能な高速ブロードバンドルータです。

(4)「ひかり電話ビジネスタイプ対応機器」のレンタル提供開始
既設のビジネスホンやPBX等をご利用になる場合は別途ゲートウェイ装置が必要となる場合があります。

(5)提供地域
 NTT西日本サービス提供エリアの全30府県で提供します。

ご利用いただくアクセス回線の提供状況等によってご利用になれない場合があります。
アクセス回線にBフレッツベーシックをご利用いただく場合、一部、設備の状況等によりサービスのご利用をお待ちいただく場合がありますので、ご了承願います。
詳細は弊社営業担当者へご確認ください。

(注) その他の料金・提供条件等については、従来のサービスからの変更はありません。

(6)受付開始日および提供開始日
 受付開始日:平成17年3月23日(水)
 提供開始日:平成17年3月28日(月)



【別紙1】サービスイメージ
【別紙2】「ひかり電話ビジネスタイプ」ご利用形態
【参考】「ひかり電話ビジネスタイプ」概要


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社