News Release

平成17年2月25日


接続料金改定の補正申請について


 NTT西日本は、平成15年度接続会計をもとに算定した平成16年度に適用する接続専用線等の接続料金について、平成16年12月15日に接続約款変更の認可申請を行っておりましたが、本日の情報通信審議会答申を踏まえ、本日、総務大臣に対し、申請内容について補正申請を行いました。


1.概要
 平成16年度の接続料金において、接続専用線、公衆電話の接続料金のうち端末回線部分については、現行の施設設置負担金(72,000円/回線)の額を用いて算定しておりましたが、本日の情報通信審議会答申において、平成17年3月1日から実施する施設設置負担金の見直し(36,000円/回線)に伴い、平成17年3月1日以降に適用する接続料金については、見直し後の施設設置負担金の額を用いた算定を行うことが適当とされたことを踏まえ、申請内容について補正申請を行ったものです。
 補正申請を行った機能別(サービス別)の主な接続料金案は別紙のとおりです。

2.実施時期等
   総務大臣の認可を得た後、速やかに接続約款の変更を実施します。
 なお、接続専用線、公衆電話以外の接続料金については補正しておりません。
 また、接続専用線、公衆電話においても、平成16年4月1日から平成17年2月28日まで適用する接続料金については、補正しておりません。



(別紙)


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社