News Release

平成16年11月9日


「戸建住宅向けIP電話サービス」に関する
活用業務の認可申請について


 NTT西日本では、高品質なIP電話サービスの需要の高まりに応えることを目的に「戸建住宅向けIP電話サービス」の提供を予定しており、本サービスからの発信においてNTT西日本が県間及び国際通信、携帯電話、PHS等への通話に係る料金設定を実施するため、本日、総務大臣に対し活用業務※1の認可申請を行いました。
 なお、本サービスの具体的な提供条件及び料金水準等については、別途お知らせします。


1.認可申請の概要
 「戸建住宅向けIP電話サービス」は、戸建住宅を対象としたBフレッツをご利用のお客様を対象に、「OAB〜J番号」を利用するIP電話からIP電話網内及び一般加入電話・携帯電話等への発着信を可能とするサービスです。【別紙参照】
 本サービスからの発信において、他の電気通信事業者様が提供する電気通信役務(県間・国際・携帯・PHS等)を含めて、NTT西日本がエンドエンドで料金設定を実施するため、活用業務の認可申請を行いました。

2.実施時期(予定)
 活用業務の認可を得た後、準備が整い次第、大阪府および政令指定都市※2の一部からサービスを開始する予定です(平成17年4月目途)。


※1 活用業務
「西日本電信電話株式会社が、地域電気通信業務等を営むために保有する設備若しくは技術又はその社員を活用して行う電気通信業務その他の業務」のこと。
※2 名古屋市、京都市、神戸市、広島市、北九州市、福岡市



【別紙】 戸建住宅向けIP電話サービスの概要


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社