News Release

平成16年9月13日


「映像通信網サービス」の提供開始について


 NTT西日本は、新たな光サービスの付加価値の創造により、光ファイバによるブロードバンドの更なる普及促進を目指しておりますが、この度、光ファイバによる多チャンネル映像配信のニーズにお応えするため、最大400チャネル(標準テレビ映像換算※1)の一括伝送を可能とする「映像通信網サービス」を9月14日より提供開始することとします。
※1 デジタル放送(MPEG2、6M圧縮)に換算した場合


1.サービスの概要

 本サービスは、映像受信者ビルまで光ファイバを引き込み、70〜770MHzの周波数帯域を利用して、デジタル映像、アナログ映像等を複数の拠点に効率的に同時配信することが可能です。

<主な特徴>
(1) 70〜90MHz帯にFMラジオ、90〜468MHz帯にアナログ映像、90〜770MHz帯にデジタル映像を伝送することができます。
(2) 標準テレビ映像換算で最大約400チャネル※1まで一括伝送が可能です。
(3) 映像等のデータをIP化せずに伝送することにより、新たな不正コピー防止措置などを行う必要がありません。

【サービス提供イメージ】

【サービス提供イメージ】


2.提供条件

(1)サービスの種類
第1種サービス: 送信者からの映像信号を複数のNTT西日本収容ビルへ向けて伝送するサービス
(第2種契約者回線への発信のみのために提供するもの)
第2種サービス: NTT西日本収容ビルから受信者ビル(集合住宅等)へ向けて映像信号を伝送するサービス
(第1種契約者回線からの着信のみのために提供するもの)

(2)契約単位
第1種サービス: 契約者(回線群)ごとに1の契約
第2種サービス: 契約者回線ごとに1の契約

(3)月額料金(詳細は別紙をご参照ください)
 第1種サービスはネットワーク構成に応じて以下の方法により算出します。
 また、第2種サービスは契約者回線ごとに利用料を頂きます。
第1種サービスの月額料金=(ア)基本料金+(イ)契約者回線利用料※2+(ウ)中継回線利用料※3
第2種サービスの月額料金=(エ)契約者回線利用料
※2 基本料と加算料があります。基本料、加算料ともに、収容する第2種サービスの回線数に応じて適用する加算額があります。
※3 中継回線の距離に応じて適用(1kmまでごと)します。

(4) 初期費用
<1> 契約料
第1種サービス:800円(税込:840円)/契約者ごと
第2種サービス:800円(税込:840円)/契約者回線ごと
<2> 工事費
工事の態様に応じて別途必要となります。


3.提供開始日

 平成16年9月14日


4.提供エリア

 大阪MA内の一部より提供開始し、順次拡大してまいります。



【別紙】 料金表


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社