News Release

平成16年1月28日


IPv6品質制御型コンテンツ配信実験の実施について


 NTT西日本では、IPv6※1技術を利用した品質制御型コンテンツ配信※2実験を、大阪市内において、平成16年2月中旬から実施します。


1.実施の背景および目的

 近年、ブロードバンド回線を使った高速なインターネット利用環境が急速に普及していますが、さらなる利便性およびセキュリティの向上のため、「e-Japan」構想などでIPv6の利用が推奨されています。また、ベストエフォートだけでなく品質制御可能な信頼性の高い通信システムの実現が求められております。現在これらの機能を実現する機器が市場に現れ始めていますが、現段階ではユーザ環境まで含めた通信システムの制御・運用方法など技術的な要素や、ユーザ利用動向等の側面においてまだ多くの課題が残されております。
 そこで今回、IPv6ベースの品質制御型コンテンツ配信実験を実施し、その技術課題等の検証を行うこととしました。
 この実験を通じ、IPv6技術を利用した映像コンテンツ配信用のプラットフォームを提供し、その構築・運用管理を担うとともにプラットフォームのハードウェア/ソフトウェアの検証を行います。


2.実験の概要

 本実験では、実験参加者にセットトップ型端末を配付し、このセットトップ型端末をご家庭のテレビに接続していただき、光ファイバを利用して高品質の多彩な映像コンテンツをテレビで視聴していただきます。

(1)実験期間
平成16年2月中旬から2ヵ月程度

(2)実験対象地域
大阪市内(一部地域を除く)

(3)検証項目
・品質制御機能を利用したコンテンツ配信品質評価
・コンテンツ配信プラットフォームのシステム運用にかかわる課題等の抽出

(4)配信する映像コンテンツ
<1>CS系チャンネルの再送信(10ch程度)
<2>洋画、邦画、アニメ、スポーツ等々(300本程度)

なお、配信する映像コンテンツについては今回のトライアルの趣旨にご賛同いただいた企業様等にご提供いただきます。

(5)協力予定企業
・伊藤忠商事(株)
・(株)スカイパーフェクト・コミュニケーションズ


3.実験参加者の募集要項

(1)募集期間
 平成16年1月28日(水)〜平成16年2月中旬
 (実験期間:平成16年2月中旬から約2カ月程度)

(2)応募方法
 実験用ホームページ(http://www.nttwest.net/trial/)に掲載される応募フォームに必要事項を明記していただきます。

(3)募集人数
 500人程度
 ※応募者多数の場合には、NTT西日本にて選ばせていただきます。

(4)応募条件
 大阪市において「Bフレッツ」をご契約いただいている方
 なお、その他の参加条件の詳細につきましては、
 「実験用ホームページ(http://www.nttwest.net/trial/)」をご覧ください。

(5)利用料金
 本実験の利用料金は無料です。
 なお、Bフレッツの月額利用料等は別途必要です。


※1:


IPv6(Internet Protocol Version 6)
現在の主流であるIPv4と比較して膨大なアドレス空間をもち、セキュリティや品質制御機能の強化、ネットワークの自動設定などが実現できるプロトコルです。

※2:

品質制御型コンテンツ配信
中継区間において、コンテンツパケットを他のパケットより優先して転送することにより品質制御を行うコンテンツ配信です。



(参考)実験サービスイメージ


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社