平成15年10月22日
(お知らせ)
西日本電信電話株式会社
東日本電信電話株式会社


固定電話からIP電話(050番号)への通話サービスの提供開始にともなう「IP電話対応機器」に接続した電話機等のご利用上の留意事項について


 平成15年10月23日(木)より固定電話からIP電話(050番号)への通話サービスが提供開始されることにともない、NTT西日本およびNTT東日本(以下、NTT東西)がフレッツ・ADSLおよびBフレッツをご利用のお客様に提供している「IP電話対応機器※1」(以下、本機器)に接続した電話機等のご利用上の留意事項についてご案内します。また、IP電話番号の「発信者番号通知設定機能」を盛り込んだファームウェアを提供いたしますので、あわせてご案内します。

※1   「IP電話対応機器」はインターネットサービスプロバイダ各社様(以下、プロバイダ様)が提供するIP電話サービスに対応した機器です。


1. 本機器に接続した電話機等からIP電話(050番号)に発信する際の留意事項

 平成15年10月23日(木)以降、本機器に接続した電話機等は、従来のIP電話としての発信に加え、加入電話としてもIP電話(050番号)への発信ができるようになります(【別紙1】参照)が、加入電話として発信する場合とIP電話として発信する場合では、通話料金や通知する発信者番号等が異なりますので、ご注意ください。(下表参照)

1.本機器に接続した電話機等からIP電話(050番号)に発信する際の留意事項
※2   「0000」(ゼロ4回)をダイヤルすると加入電話としての発信になります。
※3   お客様がご契約のプロバイダ様のIP電話サービスによっては、サービス対象外の050番号(IP電話サービスからは発信できない050番号)にダイヤルした場合、自動的に加入電話としての発信に切り替わることがあります。
※4   加入電話から発信できる050番号および通話料金については、【別紙2】をご覧下さい。
※5   お客様がご契約のプロバイダ様のIP電話サービスによっては、発信者番号が通知されない場合があります。


2.「IP電話対応機器」の新ファームウェアの提供について

 固定電話からIP電話(050番号)への通話サービス開始にともない、お客様がご契約のプロバイダ様のIP電話サービスによっては、固定電話に発信する際の発信者番号の「通知」または「非通知」が選択可能となります。
 これにともない、本機器では「発信者番号通知設定機能」を追加した新ファームウェアを平成15年10月23日(木)から順次提供開始いたします。新ファームウェアではIP電話利用時の発信者番号(050番号等)を「通常通知」または「通常非通知」に設定することができます。詳しくは、以下のURLでご確認ください。
(平成15年10月23日から順次新ファームウェアを掲載予定です。)

(NTT西日本)
フレッツ公式ホームページ(IP電話サービス対応機器)
    http://www.ntt-west.co.jp/flets/ipphone/
情報端末ホームページ「情報端末ナビゲーション」(バージョンアップ情報)
    http://www.ntt-west.co.jp/kiki/download/flets/index.html

(NTT東日本)
フレッツ公式ホームページ(IP電話対応機器)
    http://flets.com/ipphone/
Web116.jp(バージョンアップ情報)
    http://web116.jp/ced/support/version/index.html


3.お客様からのお問合せ先

(NTT西日本エリア)
  通信機器お取扱相談センタ
  フリーダイヤル 0120−109217
  (土日・祝日を除く 午前9時〜午後5時)

(NTT東日本エリア)
  IP電話対応機器お取扱相談センタ
  フリーダイヤル 0120−710444
  (土日・祝日を除く 午前9時〜午後5時)



【別紙1】 「IP電話対応機器」に接続した電話機からIP電話(050番号)への発信パターン
【別紙2】 固定電話からIP電話(050番号)への通話サービス提供料金


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社