平成15年9月2日
(お知らせ)
西日本電信電話株式会社
東日本電信電話株式会社


ダイヤルアップ接続でインターネット通信等をご利用の
お客様へのお知らせ


 ダイヤルアップ接続でインターネット通信等をご利用の一部のお客様において、最近、長時間にわたり回線が接続されたままとなる事象が発生しています。
 本事象について調査を行った結果、以下の内容が明らかになりましたので、パソコン、ダイヤルアップルータ等について、手動切断操作等を実施いただきますようご案内申し上げます。


1.対象となるお客様
 ダイヤルアップ接続でインターネット通信等をご利用している一部のお客様
※   ダイヤルアップ接続をご利用いただいているお客様のうち、ご利用のパソコンがワーム型ウィルス『Blaster』(亜種も含みます)に感染しているお客様。もしくは、ダイヤルアップルータ・TA・モデムの無通信監視タイマによる自動切断機能(タイマ設定した一定時間の間、継続して通信相手とデータのやりとりがない場合に通信を切断する機能)をご利用のお客様。

2.発生事象
 ご利用のパソコンが、ワーム型ウィルス『Blaster』(亜種も含みます)に感染した場合、またはウィルスに感染したパソコンからインターネット等を通じ、継続的にアクセス(攻撃)があった場合に、通信が切断されないケースがあります。

3.対策
(1) ご利用のパソコンのウィルスチェック等
 パソコンのOSに『Blaster』(亜種も含みます)感染対象であるWindows XP及びWindows 2000をご利用の場合は、下記サイトをご参照のうえ、パソコンのウィルス対策について実施いただきますようお願い致します。
  <情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)>
      http://www.ipa.go.jp/security/
(2) 通信機器端末の設定変更等
 ご利用のパソコンおよびダイヤルアップルータ等について手動切断への設定変更等をお願い致します。



【参考】


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社