News Release

平成15年6月19日


Lモードにおける「写真Lメール」の提供について


 NTT西日本及びNTT東日本は、「Lモード」のメールサービスの基本機能を拡充し、Lモード間やLモードと携帯電話・パソコン等との間で、写真などの画像を送受信できる「写真Lメール」を平成15年7月15日(火)から提供を開始することとし、本日、総務大臣に届出を行いました。


1.提供目的

 「カメラ付き携帯電話から、写真付きのメールをLモードで受信したい」「Lモードのメールで写真を送信したい」等のお客様のご要望にお応えし、「写真Lメール」を提供することとしました。


2.サービス概要

 「写真Lメール」とは、Lモードのメールサービスを通じて写真等の画像ファイルを送受信できるサービスです。
 本サービスをご利用いただくことで、Lモード間やLモードと携帯電話・パソコン等との間で、写真やイラスト等を使ったメールが可能になり、コミュニケーションの幅が広がります。

(1)Lモードでの画像付きメールの受信
 画像送信機能付きLモード対応通信機器※1やカメラ付き携帯電話、パソコン等から送られる画像付きメールを、URL付きメール※2として受信し、メールに記載されているURLにアクセスすることで画像の閲覧が可能です。(操作イメージは【別紙1】参照)
※1   内蔵カメラやデジタルカメラで撮影した写真やファクスのスキャナで読み取った画像をLモードのメールで送信することができる通信機器
※2   Lモードゲートウェイに保存されている画像を閲覧するためのURLを本文に付加したメール

<写真Lメール サービスイメージ(受信)>
<写真Lメール サービスイメージ(受信)>
※各Lモード対応通信機器はイメージです。

(2)Lモードからの画像付きメールの送信
 画像送信機能付きLモード対応通信機器で取り込んだ写真等の画像ファイルをメールに添付し、Lモードや携帯電話、PHS、パソコン等に送信することができます。
(操作イメージは【別紙1】参照)
 Lモードゲートウェイでは相手先メールアドレスのドメインを自動識別し、以下の方法でメールを送信します。
<1>Lモードや携帯電話、PHSへはURL付きメールとして送信
<2>パソコン等へは画像添付メールとして送信
※相手先のサービス条件によっては、送信できない場合があります。

<写真Lメール サービスイメージ(送信)>
<写真Lメール サービスイメージ(送信)>
※Lモード対応通信機器はイメージです。機器により画像の取り込み方法等は異なります。


3.提供開始日

 平成15年7月15日(火)


4.提供条件

(1)提供地域
 全国

(2)提供料金
 現行のLモードの月額使用料で利用可能
 (画像付きメールを送受信する際は通信料が別途必要)

(3)申込み
 Lモード契約で利用可能(本機能による追加申込み等不要)

(4)通信機器
 画像付きメールの受信は、従来のLモード対応通信機器でも利用可能です。
 画像付きメールの送信は、画像送信機能付きLモード対応通信機器が必要となります。
※  閲覧画像は、ご利用になるLモード対応通信機器の機種により、表示色(モノクロ/カラー)、画質、サイズ、形式等が異なります。機種によっては、画像を見ることができない、もしくは正しく表示されない場合があります。この場合も通信料が発生することがあります。

<写真Lメールの送受信可否>
<写真Lメールの送受信可否>


5.画像送信機能付きLモード対応通信機器

 画像送信機能付きLモード対応通信機器として、内蔵カメラやデジタルカメラで撮影した写真を送信できるLモード対応通信機器(「写真Lメール」送信対応通信機器)は、通信機器メーカ各社より順次発売される予定です。
 なお、ファクスのスキャナで読み取った画像を「写真Lメール」を利用してメールに添付することが可能な「イラストLメール」機能に対応したLモード対応通信機器(「イラストLメール」対応通信機器)については【別紙2】を参照してください。
※ 通信機器の機能として実現されたものです。



【別紙1】
【別紙2】「イラストLメール」機能に対応予定のLモード対応通信機器


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社