News Release

平成15年1月27日


光ファイバ設備利用の手続き等に関する
接続約款変更の認可申請について


 NTT西日本(以下 当社といいます)は、本日、総務大臣に対し、光ファイバ設備の利用手続き等に関する接続約款の規定を一部追加・変更する認可申請を行いました。


1.申請の概要
 当社では、平成13年7月に他事業者様向け光ファイバ設備の本格提供を開始したのに合わせて、光ファイバ設備のご利用に関する手続き等を接続約款に規定し、他事業者様との相互接続を円滑に行うためのルール整備に努めてまいりました。その結果、平成14年12月末現在のご利用回線数は約1万5千回線にのぼり、特に最近ではブロードバンドサービスのアクセスラインとして加入者光ファイバの需要が急速に拡大しつつあります。そこで今回、加入者光ファイバについて、従来以上に円滑かつ迅速なご利用を可能とするため、設備に関する調査と工事を一体で行うよう手続きの簡略化を図るとともに、光ファイバ設備の情報提供に関する手続きを充実し、お申込から開通までの期間短縮と他事業者様の利便性の向上を図ることといたしました。
 これにより、光ファイバ設備を利用したブロードバンドサービスのより一層の普及促進に寄与するものと考えております。


2.主な内容

(1)光ファイバ設備の利用手続き等の見直し
加入者光ファイバの提供において、他事業者様が予め設備状況(納期等)を確認できるよう事前に設備状況を調査・回答する手続きとしておりましたが、開通工事の過程において納期を通知する等手続きを簡略化し、迅速な対応を可能とする変更を行います。
接続申込から開通までの標準的期間を1ヶ月と設定します。(特定の条件下での取り扱いとします)。

(1)光ファイバ設備の利用手続き等の見直し
お客様ビルへの新規引込工事が発生しない場合等、特定の条件下での取り扱いとします。

(2)光ファイバ設備に関する情報提供手続きの充実
 他事業者様が加入者光ファイバの設備状況(納期)や伝送品質等の確認のみをご要望される場合に対応するため、新たに情報提供に関する手続きを追加する等の見直しを行うこととします。
(2)光ファイバ設備に関する情報提供手続きの充実


3.実施時期
 総務大臣の認可を得た後、本年9月30日までの間で準備が整い次第、順次実施します。



(参考)光ファイバ設備の提供状況


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社