News Release

平成15年1月21日


農業事務プロセスのIT化を実現する
農業情報システム「@recolte」(レコルテ)の
新ラインアップ等について


 NTT西日本では、農業に携わる組織・団体向けに、農業事務プロセスのIT化を実現する農業情報システム「@recolte(レコルテ)」の新しいラインアップとして、複数店舗を一括して管理ができる「産地直売所システム 複数店舗版」を販売開始するとともに、既に提供している「生産資材受付システム」と「出荷予約システム」のオプションモジュールとして「CTIオプション」を平成15年1月23日(木)から販売開始します。

「@recolte(レコルテ)」の新しいラインアップ
  *   PCサーバの機種やお客様のシステム環境によって異なります。


1.背景
 現在、「@recolte(レコルテ)」の1つのシステムとして、POSレジと連動し産地直売所の業務をサポートし、農家とのコミュニケーションの場を形成する「産地直売所システム」をお客様にご提供していますが、複数の直売所を運営しているお客様からの「複数の店舗を一括して管理したい」というニーズにお応えし、「産地直売所システム 複数店舗版」を新たに提供することとしました。また、「農家の方々からの電話による出荷予約や生産資材の注文を効率的に受け付けたい」との農業に携わる組織・団体様からのニーズにお応えし、すでに提供を行っている農作物の出荷予約を行う「出荷予約システム」と、肥料や農薬などの生産資材の注文の受付を行う「生産資材受付システム」のオプションモジュールとして「CTIオプション」を新たに提供することとしました。


2.新ラインアップ等の概要
(1)産地直売所システム複数店舗版
 産地直販所などのPOSレジと連動した商品販売管理、在庫管理の自動化や、売上速報を農家のパソコンやLモード・iモード端末への定期送信を行うことができるシステムです。現在、店舗毎に管理している農家コードや商品コードなどの各種コードを変更することなく異なる複数の店舗を一括して管理することができます。
〔システム導入後の効果〕
<産地直売所等>
 複数店舗の売上情報を一括管理できるため、各店舗の売上額や売れ筋商品などを比較分析することができ、効果的な販売戦略を策定することができます。
<農家>
 複数店舗の売上情報を自宅に居ながらLモード端末などにより確認ができ、店舗毎の販売傾向の比較などができるため、効率的な販売計画を策定することができます。

(2)CTIオプション
 「出荷予約システム」や「生産資材受付システム」と連動し、電話を受けると同時に電話をかけてきた農家の情報がパソコンに表示されるので、予約情報や注文情報等を即座に受付入力することができます。
〔システム導入後の効果〕
<産地直売所等>
 電話をかけてきた農家の情報や受付に必要な帳票が自動表示されるので、電話受付業務の効率が飛躍的に向上します。
<農家>
 電話応対がスムーズになるため、出荷予約や生産資材の注文がスピーディに行えます。



(別紙)農業情報システム「@recolte(レコルテ)」の概要


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社