平成14年11月14日
(報道発表資料)

西日本電信電話株式会社
ティーエフエム・インタラクティブ株式会社
株式会社エフエム東京


FMラジオ番組と連動したブロードバンド映像配信の開始について

NTT西日本のフレッツユーザ向けブロードバンドサイト「フレッツ・スクウェア」上で配信


 西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:上野 至大、以下 NTT西日本)と、株式会社エフエム東京(本社:東京都千代田区 社長:後藤 亘)を主たる株主とするティーエフエム・インタラクティブ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:池田 実、以下 TFMi)は、NTT西日本が提供するフレッツユーザ向けブロードバンドサイト「フレッツ・スクウェア」※1において、若者を中心としたインターネット利用層をターゲットに、ラジオ放送番組と連動した映像コンテンツ配信(無料)を平成14年11月15日から開始いたします。
 今回は、試行実施として平成15年3月31日までの期間、fm osakaとタイアップしたリスナー参加型コンテンツやTOKYO FMのライブ放送等の提供を行い、若年層を中心にした身近に利用できるブロードバンドサービスの利用促進を図っていきます。


1.目的
 今回の取り組みは、ラジオメディアとブロードバンドインターネットとのメディアミックスによる相互補完的なプロモーション展開を通して、ラジオリスナーの番組参加やフレッツサービス利用ユーザのサービス充実を図ることとするものです。
 音声メディアのラジオ番組とブロードバンドインターネットが一体となった利用形態やユーザニーズを把握し、コミュニケーションの広がりや使えるブロードバンドの普及拡大を目指します。


2.番組の内容
(1) Next Break@Online
 FMラジオ番組とブロードバンドサイトとのコラボレーションによる新人アーティストの発掘企画です。
 具体的には、fm osakaの「Sunday Special」(毎週日曜日19時〜放送中)において新人アーティストを紹介し、その演奏模様をNTT西日本の「フレッツ・スクウェア」上で配信、そのアーティストの人気投票等をTFMiの「iiVホームページ」上で行います。なお、コンテンツは毎月1回の放送に合わせて随時更新します。

(2) LIVE@FM
 TOKYO FMのプロデュースによる有名アーティストのライブ映像をTFMiの「iiVホームページ」及びNTT西日本の「フレッツ・スクウェア」上で配信します。また、「フレッツ・スクウェア」では未放送のスペシャルトーク、リハーサルシーンやアンコール演奏映像等を独占配信する予定です。なお、コンテンツは毎週更新し、ライブ放送実施後4週間配信を行います。


3.コンテンツ提供開始日
(1) Next Break@Online
平成14年11月15日(金)

(2) LIVE@FM
平成14年11月21日(木)


4.閲覧条件
 フレッツ・スクウェア提供中の大阪府・京都府・兵庫県でフレッツシリーズ※2(「Bフレッツ」「フレッツ・ADSL」「フレッツ・ISDN」)のご契約者に限ります。



※1 

「フレッツ・スクウェア」
 フレッツサービスをご利用のお客様向けにNTT西日本が提供するサイトで、ブロードバンド体感コーナーとして期間を限定したスペシャルコンテンツの提供、回線速度チェック、配信事業者によるコンテンツ提供等、幅広いコンテンツのラインアップをご覧いただけます。
 サービス提供エリアは、大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、静岡県、広島県、福岡県です。
    フレッツ・スクウェアホームページ http://www.ntt-west.co.jp/flets/office-s/
    フレッツシリーズご契約のお客様 http://www.flets/

※2 

フレッツシリーズ
「Bフレッツ」
 NTT西日本が提供する通信速度が最大100Mbpsまたは10Mbpsのベストエフォート型のネットワークサービス。光ファイバを利用していることからADSLよりも高品質で安定した接続が可能です。


「フレッツ・ADSL」
 NTT西日本が提供する通信速度が最大12Mbps(下り)、8Mbps(下り)または1.5Mbps(下り)のベストエフォート型のネットワークサービス。Asymmetric Digital Subscriber Line(非対称ディジタル加入者回線)を利用することにより、ホームページの表示がスピーディになるだけでなく、音楽や画像などの大容量データの読み込みやダウンロードもスムーズになります。


「フレッツ・ISDN」
 NTT西日本が提供する通信速度が最大64kbpsのベストエフォート型のネットワークサービス。



(参考1)「Next Break@Online」
(参考2)「LIVE@FM」
(参考3)TFMi社の概要


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社