平成14年10月30日
(報道発表資料)
西日本電信電話株式会社
吉本興業株式会社


ブロードバンド向けコンテンツ配信における協業の推進について


 西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本、本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:上野 至大(うえのみちとも))と吉本興業株式会社(以下、吉本興業、本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:林 裕章(はやしひろあき))は、来たるべきブロードバンド時代の新市場や新事業を見据えて、この度、イコールパートナーシップのもと、ブロードバンド向けコンテンツ配信に関わる幅広い分野での協業を行うことで合意しました。

  日本におけるブロードバンド市場では、現在、光ファイバーや ADSL などブロードバンド回線の加入世帯普及率が急速に伸びてきております。今後もアクセスラインの更なる高速化や、無線等を活用したユビキタスサービスの整備などにより普及の拡大が見込まれますが、この流れを加速し、ブロードバンド市場をより一層拡大するための、ブロードバンド向けのコンテンツやアプリケーション、プラットフォーム機能の早期提供が求められています。
 本協業では、このような状況を踏まえて、吉本興業が持つ高いエンタテインメント性と、NTT西日本が持つIP通信技術という両社のコアコンピタンスを結集し、光ファイバーを中心とするブロードバンド向けのコンテンツ、アプリケーション、プラットフォーム機能の開発、提供に取り組んでまいります。

 具体的には、吉本興業の『お笑い』という身近なコンテンツを、NTT西日本グループの配信プラットフォームを使って、新技術のトライアルを含む様々な形態で配信することにより、ブロードバンドを中心に、ナローバンド、モバイルまで幅広いお客さまを対象に、『 お笑い 』の新しい楽しみ方を提案してまいります。取組の第一弾として、吉本興業が新規に制作するブロードバンド向けコンテンツを、NTT西日本のフレッツユーザ向けブロードバンドサイト「フレッツ・スクウェア」にて、10月31日(木)より配信を開始します。

 両社は協業を通して、優良コンテンツを有料で利用する文化等をお客さまの反応を確認しつつ作り上げていくことで、ブロードバンド市場の更なる発展に貢献してまいります。

※フレッツ・スクウェア: NTT西日本フレッツユーザ限定のブロードバンドサイト。フレッツ網上のサーバからコンテンツを配信するため、安定したスループットでコンテンツの視聴が可能。
現在、大阪、京都、兵庫、静岡、愛知、広島、福岡の7府県で利用可能であり、11月中旬を目途に、有料コンテンツの配信代行機能を除いた「フレッツ・スクウェア」を残り23県にも順次開設予定。(詳細は別紙3を参照願います。)



(別紙1) ブロードバンド向けコンテンツ配信における協業イメージ
(別紙2) 吉本興業が考えるコンテンツ配信イメージ
(別紙3) 「フレッツ・スクウェア」のリニューアル等について


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社