News Release

平成14年8月28日


拡張型高機能ダイヤルアップルータ
IPMATE1600RD」の販売開始について


 NTT西日本は、小規模事業所のLAN構築や、家庭における複数のパソコンからのインターネット接続ニーズに対応する高機能ダイヤルアップルータ「IPMATE 1600RD」を平成14年9月4日(水)から販売開始します。

商品名 IPMATE1600RD
販売価格※1
IPMATE1600RD(本体のみ) 29,800円
IPMATE1600RDワイヤレスセットC 49,800円
 (本体+アクセスポイントカードステーションカード
IPMATE1600RDワイヤレスセットU 54,800円
 (本体+アクセスポイントカードUSBステーション
販売開始日 平成14年9月4日(水)
販売地域 NTT西日本エリア※2
販売予定数
IPMATE1600RD 10,000台/年
IPMATE1600RDワイヤレスセット 2,000セット/年
※1 上記販売価格には消費税相当額および地方消費税相当額は含まれていません。
※2 NTT西日本のサービス提供地域:富山県、岐阜県、静岡県以西の30府県


1. 商品概要

 「IPMATE1600RD」は、ISDN回線等と接続し、複数パソコンから同時にインタ−ネットアクセスができるダイヤルアップルータです。
 本体には接続インタフェースとして、WANポート、LANポート(100BASE−TX/10BASE−T)、USBポート、アナログポート、S/Tポートを標準搭載しているので、LAN構築はもちろん、デジタル通信機器等の接続も可能です。
 また、本体に無線LAN機能を付加するためのアクセスポイントカードやパソコンと本体間の無線LAN通信を行うためのステーションカードを組み合わせることにより、容易に最大11Mbps(IEEE802.11b準拠)のワイヤレスLAN環境を構築できます。
 なお、本商品はISDN回線や高速ディジタル専用線に対応しているのみならず、ADSLにも対応可能で、ADSLモデムと接続することによりフレッツ・ADSLもご利用いただくことができるなど、お客様の利用目的に応じたネットワーク構築が可能です。


2. 主な特徴

(1) 多彩な高速LAN機能
<1>高速LAN機能
 本体に100BASE−TX/10BASE−TポートとスイッチングHUB機能を有しており、高速LAN環境の構築が可能です。
 また、IPMATE1600RDワイヤレスセットでは本体とパソコン間を、2.4GHz帯のワイヤレス通信規格(IEEE802.11b準拠)を採用しているので、最大11Mbps※3のワイヤレスLAN環境を容易に構築することができます。
 さらに、ステーションカードUSBステーションをセットしたパソコン間で、本体を介さずに通信を行うことも可能です(アドホックモード)。
※3 本体とワイヤレスLAN上のパソコン間での伝送速度及びアドホックモードでの伝送速度は、最大11Mbps、無線区間の通信可能距離は見通し直線距離で約50mです(使用環境により異なります)。

<2>アドレス自動割り当て機能(DHCPサーバ機能)
 DHCPサーバ機能を搭載しているので、LAN接続端末にIPアドレスを自動的に割り当てることができます。

<3>安心のセキュリティ
 IPフィルタリング機能により、特定のIPアドレスからのLANへのアクセスの制限やLAN内の特定の端末からの外部へのアクセス制限を行うことも可能です。
 またMACアドレスフィルタリング機能により、無線LAN構築時に、MACアドレスを登録していない無線LAN機器からの不正アクセスを制限できるなど安心のセキュリティ機能を搭載しています。

<4>USBによる簡易LAN接続機能
 本体のUSBポートに接続されたパソコンと、100BASE−TX/10BASE−Tポートで接続されているパソコンとの間で簡易にLANを構築することができるので、Ethernetポートなどを持たないパソコンからでもルータ機能を使用したインターネットへのアクセスや、プリンタやサーバのファイル共有等が可能となり、ネットワーク上の資源を有効活用することができます。

(2) 充実の基本機能
<1> ダイヤルアップによるインターネットアクセス
 MP(Multilink Protocol)方式のダイヤルアップ接続に対応しており、ダイヤルアップ接続時には、最大128kbpsの通信が可能です。また、128kbpsでの通信時でも自動的に速度を調節し、電話機等のアナログ通信機器への優先着信が可能となるBOD機能も有しています。

<2> 多彩な回線への対応
 INSネット64、ディジタル専用線(HSD、DA64/128)などの回線に対応しています。また、ADSLモデムと接続してフレッツ・ADSLを利用することも可能です。

<3> ネーム・ディスプレイおよびLモード※4にも対応した高機能アナログポート
 電話機やファクスなどのアナログ通信機器を接続できるアナログポートを搭載しており、ネーム・ディスプレイサービスやLモードに対応しています。
※4 ネーム・ディスプレイ及びLモードのご利用にあたっては、サービスの契約と月々の使用料が必要です。

<4> PIAFS通信対応
 PIAFS(64kbps、32kbps)通信に対応していますので、外出先等でPHS端末等を利用して本商品にリモートアクセスし、データ通信を行うことが可能です。

<5> WWWブラウザによる簡単設定
 本商品の設定はWWWブラウザを使って行いますので、お手持ちのパソコンから簡単な操作で行えます。また、アナログポートに接続された電話機からも本商品の設定を行うことが可能です。




IPMATE1600RD
IPMATE1600RD

アクセスポイントカード
アクセスポイントカード

ステーションカード
ステーションカード

USBステーション
USBステーション



【別紙1】主な仕様
【別紙2】 「IPMATE1600RD」接続イメージ


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社