平成14年6月18日
(報道発表資料)
エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社
西日本電信電話株式会社


街角コンテンツ流通サービスの提供開始について


 西日本電信電話株式会社(以下 NTT西日本)は、本格的なブロードバンド時代の到来に向けて、光ネットワークを中心としたインフラの整備を推進するとともに、ネットワーク上でのコンテンツ流通ビジネスの検討を進めてきました。
 その一環として、ブロードバンドネットワーク上でコンテンツ流通事業を行うことを目的に平成14年4月に設立したエヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社(以下 NTTソルマーレ)が、光ネットワークと接続した街頭端末を利用した街角コンテンツ流通サービス「Foobio(フービオ)」を平成14年6月19日(水)から開始します。


1.街角コンテンツ流通サービス「Foobio」の概要
 「Foobio」は、NTTソルマーレが駅やCD販売店等に設置する光ネットワークと接続した街頭端末(以下 Foobio端末)を利用して、屋外でPDA(携帯情報端末)や携帯オーディオ等のモバイル機器を利用されるお客様向けに、映像や音楽等の大容量コンテンツのダウンロード販売を行うサービスです。


2.「Foobio」のサービスメニュー
(1)コンテンツダウンロードサービス
 PDA等のモバイル機器で視聴する映像や音楽、マンガ、雑誌等のデジタルコンテンツを、Foobio端末からメモリカードやMDにダウンロードして購入していただくサービスです。
(2)フォトプリント&ロッカーサービス
 お客様がデジタルカメラで撮影したデジタルフォトをFoobio端末で印刷したり、「Foobio」のセンタにアップロードしてお預かりし、Foobio端末やパソコンで閲覧を可能にするサービスです。
(3)ピクチャーコミュニケーションサービス
 Foobio端末のCCDカメラでお客様の映像(静止画や動画)を撮影し、その映像を携帯電話やパソコンにインターネットを通じてお届けするサービスです。


3.提供エリア
 当初は、大阪市の阪急梅田駅を中心に設置したFoobio端末でサービス開始しますが、その後順次、他の駅やCD販売店等を中心にFoobio端末の設置を行い、初年度は大阪市を中心に100台程度設置していく予定です。


4.提供料金
 コンテンツダウンロードサービス:無料〜数千円
 その他のサービス:数十円〜数百円


5.今後の展開
 今後は、お客様の声を反映しながら、映像を中心とした大容量コンテンツの拡充を進めるとともに、Foobio端末を順次設置してサービス提供エリアを拡大していきます。
 またNTTソルマーレでは、「Foobio」の提供により得たコンテンツマネージメントのノウハウを活用し、新たな事業領域の開拓にも取り組んでいきます。


6.その他(モニターの募集)
 お客様の声に耳を傾けながらお客様と一緒に「Foobio」を育ててサービス展開を図るため、阪急梅田駅を利用されているお客様を対象に、800名程度のモニター会員を募集し、PDAを無償で貸与して「Foobio」の利用促進と今後の展開にむけたご意見の収集を行い、ビジネスモデルへ反映します。
 (1)モニター期間
 平成14年8月1日(木)〜平成15年1月11日(土)
 (2)モニター募集概要
<1>募集方法 「Foobio」のWebサイトにて募集
<2>URL http://www.foobio.net
<3>募集期間 平成14年6月24日(月)〜平成14年7月29日(月)
<4>選定方法 NTTソルマーレにて厳正な選考・抽選の上、当選者のみメールでお知らせします。
<5>告知方法 雑誌広告、電車中吊広告、チラシ配布等


<NTTソルマーレの会社概要>
(1) 会社名 エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社
(2) 所在地 大阪市中央区北浜4丁目7番28号 住友ビル2号館
(3) 設立時期 平成14年4月1日
(4) 資本金 4.9億円
(5) 代表者 福田 次郎
(6) 株主構成 NTT西日本 100%
(7) 社員数 25名
(8) 事業内容 街角コンテンツ流通サービス及びその他のコンテンツ流通に関する新規事業



Foobio(フービオ)
Foobio(フービオ)



【参考資料】Foobioサービスにご協力いただける主な企業


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社