平成13年12月5日
(報道発表資料)
西日本電信電話株式会社

業務委託におけるお客様情報管理の徹底について


 NTT西日本では、従来から「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」(平成10年12月2日郵政省告示第570号)を遵守し、適正なお客様情報の管理の徹底に努めているところでありますが、先般の、弊社顧客リストが代理店を通じて社外に流出したとの報道を受け、改めてお客様情報の適正な管理について社内指導・徹底を図ることとし、以下の「業務委託時におけるお客様情報管理の強化策」を策定しましたのでお知らせします。
 NTT西日本としましては、これらの取り組みを通じ、お客様の信頼回復に向け全社を挙げて取り組んで参ります。

1.業務委託時におけるお客様情報管理強化の概要

(1)お客様情報管理徹底の社内指導の実施
「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」に基づき、業務委託時の適正なお客様情報管理についての社内指導を徹底する。
<1>支店長会議、支店部長等会議における指導
<2>業務委託の契約実務者研修の実施 等

(2)業務委託時におけるお客様情報管理の仕組みの強化
<1> 適正な委託先の選定基準を明確にする。
<2> 業務委託時のお客様情報管理について、実施すべき事項を明確にする。

(3)社内チェックの仕組みの強化
<1> 社内監査において、業務委託契約及びお客様情報の管理状況についてチェックする。
<2> 業務委託時の情報管理の実施状況について、定期的な点検を行なう。

2.実施時期
 準備が整い次第、速やかに実施します。



トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社