News Release

平成13年11月26日


料金請求回収代行に関する個別協定の認可申請について


 NTT西日本及びNTT東日本(以下 NTT東西)は、本日、総務大臣に対し電気通信事業法第三十八条の二第七項の規定に基づき、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社様との間で料金請求回収代行に関する個別協定を締結するための認可申請を行いました。


1.概要
 フュージョン・コミュニケーションズ株式会社様から、自社の請求、回収すべき電気通信サービス等に係る利用者料金をNTT東西が代行して請求、収納してほしいとのご要望を受けて、協議を進めてまいりましたが、この度、その協議が整ったことから、提供条件を個別協定に規定して総務大臣に認可申請を行いました。


2.認可申請内容
 フュージョン・コミュニケーションズ株式会社様が請求、回収すべき電気通信サービス等に係る利用者料金のうち、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社様よりご要望があるお客さまについては、NTT東西がフュージョン・コミュニケーションズ株式会社様の代理人としてNTT東西の電話サービス又は総合ディジタル通信サービスに係る請求書により利用者料金を請求、収納する料金請求回収代行の取り扱いを実施いたします。
 なお、料金請求回収代行に係る費用については、請求ごとにフュージョン・コミュニケーションズ株式会社様にご負担いただきます。


3.実施時期
 総務大臣の認可を得た後、速やかに実施します。


4.その他
 他事業者様から同様のご要望がある場合は、同等の条件で個別協定により対応を行うこととします。



トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社