News Release

平成13年11月7日


フレッツサービスのブロードバンド化への取組について


 インターネットユーザの利用ニーズは、これまでの情報検索やメールから、映像や音楽といった大容量のブロードバンドコンテンツやアプリケーションへ変化しています。コンテンツホルダ等事業者様も、ブロードバンドコンテンツやアプリケーションを使った新たなビジネスチャンスとして、ブロードバンドサービスに期待しています。
 この様な状況を踏まえて、NTT西日本ではこの度、ブロードバンドコンテンツの配信に適したネットワークである地域IP網(注1)上に、フレッツユーザ様向けの各種情報発信サイト「フレッツ・スクウェア」をオープン(注2)いたします。

 NTT西日本では、この「フレッツ・スクウェア」を使ってブロードバンドコンテンツを配信したい事業者様向けに、この度、配信代行サービスと課金代行サービスを提供いたします。これにより、事業者様はBフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNユーザ様を対象に、簡易なホームページの立上げから、ソフトウェアのダウンロード、映画やアニメ等のストリーミングコンテンツまで、多様なコンテンツをリーズナブルなコストで配信することが可能となり、有料でのコンテンツ配信をご希望の場合は、クレジットカード決済も利用することができます。

 また、フレッツユーザ様に「フレッツ・スクウェア」を便利にご利用いただくため、接続ソフト「フレッツ・マネージャ」を無料で配付いたします。フレッツユーザ様は、本ソフトを利用することで、「フレッツ・スクウェア」にワンクリックでアクセスすることができ、豊富なブロードバンドコンテンツやアプリケーションを快適に利用することが可能となります。

 さらに、NTT西日本では、 「フレッツ・スクウェア」で利用できる様々なブロードバンド向けアプリケーションサービスのトライアル等にも事業者様と連携して積極的に取り組んでまいります。
  (注1) 通常のインターネットでは、大容量コンテンツの配信が増えるに従い、ボトルネックの問題が懸念されますが、NTT西日本が提供している地域IP網は、インターネットとは別に自ら構築・管理しているため、集中トラヒックの影響をうけにくく、コンテンツ配信に適したネットワークとなっています。
  (注2) 大阪府からスタートとし、順次エリアを拡大していきます。


 なお、今回の「フレッツ・スクウェア」開設と合わせて、アクセスラインのブロードバンド化を進めるため、「Bフレッツ」を県庁所在地級都市へ効率的に展開するとともに、「フレッツ・ADSL8Mプラン」を提供いたします。

 「Bフレッツ」につきましては、これまでは、政令指定都市のNTT収容局ごとに、面的にエリア展開を進めてきましたが、今後はより多くのお客様ニーズに即応するため、県庁所在地級都市を中心に、実需に則して光配線ルート単位にサービス展開(ピンポイント展開)を進めることとします。
 具体的には、30加入程度のまとまった実需が発生した光配線ルートに光設備を効率的に構築することにより、サービス提供することとします。

 「フレッツADSL」につきましては、更なる通信の高速化ニーズにお応えするために、従来の「1.5Mプラン」に加え 「8Mプラン」を提供いたします。ADSLは、収容局から離れるにしたがって速度が低下するため、線路距離が概ね2.5Km以内のお客様を中心に8Mプランを提供することとします。



取組イメージ
フレッツユーザ様向け情報発信サイト「フレッツ・スクウェア」について


別添1   配信代行・課金代行サービスの提供について
別添2   Bフレッツのエリア拡大について
別添3   「フレッツ・ADSL8Mプラン」サービスの提供について
参考     地域IP網を使った多地点テレビ会議サービスのトライアルについて



トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社