News Release

平成13年10月11日


「県内異名義割引サービス」の提供等について


 NTT西日本及びNTT東日本は、平成12年12月15日に郵政大臣(現在の総務大臣)から発出された「ワリマックス」に関する料金変更命令を踏まえ、第二種電気通信事業者を含む県内通話市場の一層の競争促進に資する観点から、新たな通話料金割引サービス「県内異名義割引サービス」を提供するとともに、現在提供中の通話料金割引サービス「ワリマックス」の提供条件を変更することとし、本日、総務大臣に届出を行いました。


1.「県内異名義割引サービス」の提供

(1) 概要
 本サービスは、第二種電気通信事業者名義の回線を割引選択代表回線(以下、ホスト回線)とし、ホスト回線と異なる名義の回線と共に回線グループを構成した場合に、その回線グループの月間の県内通話料の合計額に応じてその通話料金を割り引く、月極の割引サービスです。
 また、本サービスの適用を受けている回線グループの中で、個々の回線毎に電話会社固定サービス「マイラインプラス」を、「市内通話」「県内市外通話」の2区分ともNTT西日本またはNTT東日本にご登録いただいた場合、その回線については県内市外通話の割引率を更に10%追加します。

(2) 料金
(2) 料金
(注1) 定額料は不要
(注2) 〔 〕内は、マイラインプラス追加割引適用後の割引率

(3)提供条件

契約対象回線 加入電話
第1種総合ディジタル通信サービス
(INSネット64、INSネット64・ライト)
第2種総合ディジタル通信サービス
(INSネット1500)
割引対象通話(注1)(注2) ダイヤル通話、通話モード及びディジタル通信モード
(全曜日・全時間帯の通話が対象)
割引計算単位(注3) 同一または複数の設置場所において、第二種電気通信事業者名義の回線をホスト回線とした異名義の回線グループ(NTT西日本、NTT東日本提供地域毎)単位で割引計算します。
最低利用料(月額) 600円×当料金月における回線グループの総回線数
※割引後通話料が、最低利用料を満たさなかった場合は、その差額をホスト回線に請求させていただきます。
請求書送付単位 ホスト回線の契約者である第二種電気通信事業者に一括して請求します。
組み合わせ契約が可能な
割引サービス
タイムプラス、INSタイムプラス、エリアプラス、INSエリアプラス、テレホーダイ、INSテレホーダイ、i・アイプラン、i・スクール
その他 登録料(1,000円/ホスト回線)が別途必要となります。(初回のみ)

(注1) 料金明細を記録することが条件となります。
(注2) 移動体への通話等の相互接続通話、情報料・取扱料を含む通話は割引対象外となります。
(注3) 本サービスの契約にあたり、ホスト回線の契約者となる第二種電気通信事業者については、別途、契約審査を実施します。
(注4) マイラインプラス追加割引の適用については、マイラインセンターにおいてマイラインプラスの登録が完了したことを弊社にて確認後、原則として翌料金月から適用します。


2.「ワリマックス」の提供条件の変更

 「ワリマックス」に最低利用料(「県内異名義割引サービス」と同一)を新たに設定します。
 ただし、昨日までに「ワリマックス」のお申し込みのあったお客様には、変更前の提供条件を適用します。(最低利用料の適用はありません。)

「ワリマックス」のその他の提供条件については、変更はありません。


3.サービス提供地域、時期等

(1)サービス提供地域
 全国(NTT西日本、NTT東日本のサービス提供地域)

(2)サービス提供時期等
<1> 「県内異名義割引サービス」の提供
受付開始日:平成13年10月12日(金)
サービス提供開始日:平成13年10月26日(金)より

<2>

「ワリマックス」の提供条件の変更
適用開始日:平成13年10月26日(金)より

適用開始日は、お客様ごとの料金計算期間によって異なります。



トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社