News Release

平成13年9月17日


専用サービスにおける「サービス品質保証(SLA)」の
導入について


 NTT西日本は、専用サービスにおける更なる品質向上を図るため、弊社が提供する 「高速ディジタル伝送サービス」および「ATMメガリンクサービス」について、 「サービス品質保証(SLA:Service Level Agreement)」を導入することとし、本日、総務大臣に認可申請を行いました。
 なお、認可を受けた後、平成13年10月1日より実施する予定です。


1.概要

 今回導入する「サービス品質保証(SLA)」は、弊社が提供する「高速ディジタル伝送サービス」および「ATMメガリンクサービス」のサービス品質を保証する基準として、故障が発生してからサービス回復するまでの時間(故障回復時間)を“1時間未満”と設定し、それを超えた場合に、故障回復時間に応じてお客様に一定率の料金を返還するというものです。
 なお、SLAの適用については、お客様からの新たなお申込みは不要で、該当する全ての回線に自動的に適用されます。


2.対象サービス

高速ディジタル伝送サービス(ディジタルアクセスおよびYインタフェースのものは除く)
ATMメガリンクサービス(シングルクラスおよびエクストラクラスのものは除く)
接続専用回線の接続料についても同様とします。
臨時契約は対象外とします。


3.返還料金

当該専用回線が全く利用できない状態または同程度の状態が発生し、1時間未満にその故障が回復しなかった場合、以下の表に定める故障回復時間に応じて月額料金(*)に対する一定率の料金を返還いたします。(故障の発生原因がお客様の責任による場合を除く。)
返還料金


4.実施時期

平成13年10月1日(予定)



トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社