平成13年9月3日

報道発表資料

西日本電信電話株式会社
株式会社 タカラ


フレッツ回線を使った遠隔操作の
家電コントロールロボット「フレッツ・ロボ」のご案内
〜NTT西日本とタカラが共同開発〜


 西日本電信電話株式会社(代表取締役社長:浅田和男、本社:大阪府大阪市、以下NTT西日本)と株式会社タカラ(代表取締役社長:佐藤慶太、本社:東京都葛飾区、以下タカラ)は、NTT西日本の提供するフレッツ回線*1を利用して、外出先から携帯端末等で留守宅に設置したロボットを遠隔操作し、家電製品のコントロールができる「フレッツ・ロボ」を共同開発しました。これは、企画・開発をNTT西日本とタカラが共同で行うもので、NTT西日本が平成13年9月よりインターネット接続サービス「フレッツ・ADSL」の拡大キャンペーンのプレゼント賞品として起用するものです。また、キャンペーン以降の一般向け販売についても、今後検討してまいります。
*1:フレッツ・ISDN,フレッツ・ADSL,Bフレッツ


1.商品概要 (詳細は別紙参照)
 「フレッツ・ロボ」は、パソコン*2に接続*3し、フレッツ回線でインターネット接続することにより、ユーザが、外出先のパソコンやインターネットが利用できる携帯電話等から遠隔で家電*4のリモコン操作(ON/OFF等)を行ったり、留守宅の状況を静止画像で確認することができる商品です。
*2: Windows98、98SE、Me、2000に対応。なお、フレッツ・ロボ専用ソフトのインストールが必須。
*3: USBケーブルによる接続。
*4: 赤外線によるリモコン操作ができる家電に限る。
<具体的な利用イメージ>
<1> 消し忘れた電灯を遠隔で消灯できます。
<2> 留守宅の照明等をON/OFFする事で不在時の防犯に活用できます。
<3> 外出先で突然思いついたテレビ番組の録画や録画予約ができます。
(但し、テープは事前に装着しておく必要があります)
<4> 留守宅のペット等の状況を静止画像で確認できます。    等


2.各社の役割分担
(1) 企画:NTT西日本、タカラ 共同
(2) 制作:タカラ


3.利用可能回線
フレッツ回線
(フレッツ・ISDN、フレッツ・ADSL、Bフレッツの契約者回線1回線)


4.今後の予定
 当面は、NTT西日本が現在展開中のフレッツ・ADSL販売促進キャンペーンの賞品として、抽選で2000名の方に進呈します。
 また、今回の取組みに対するお客様の反応を踏まえ、キャンペーン以降の一般向け販売等についても検討してまいります。
 詳細は、NTT西日本フレッツ・シリーズホームページ
     「http://www.ntt-west.co.jp/flets/ 」でご案内します。


(参考)
 「フレッツ・ロボ」については、NTT西日本サイバービジネスワールド(大阪市中央区博労町2-5-15 OCBビル1階)において展示します。
 また、9月11日(水)〜22日(土)幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)で開催される「WORLD PC EXPO 2001」会場内タカラブース内で紹介予定です。
 ※ サイバービジネスワールドのホームページ:http://www.cbw.osaka.isp.ntt-west.co.jp



別紙
(参考) 利用イメージ図


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社