News Release

平成13年8月29日


「Lモード」の提供地域の拡大に関する認可申請について


 NTT西日本およびNTT東日本は、現在、Lモードを提供していない地域のお客様に対して、提供条件を一部変更したうえで、Lモードを提供できるようにするため、契約約款の一部改正を行うこととし、本日、総務大臣に契約約款の認可申請を行いました。


1. 地域拡大の経緯

 Lモードは、サービスの利便性を考慮し、メールが到着したことをLモード対応通信機器の画面やランプでお知らせする「メッセージ到着お知らせ機能」をご利用いただくこととしていますが、一部の交換機ではこの機能を有していないため、該当交換機に収容されているお客様は、Lモードをご利用いただけませんでした。
 Lモードのサービス開始以降、サービスを利用できない地域のお客様から、「メッセージ到着お知らせ機能」が利用できなくてもよいので、Lモードを利用したいとの声が寄せられたことから、該当地域のお客様に限定して、「メッセージ到着お知らせ機能」を利用しないLモードを提供することとしました。


2.「メッセージ到着お知らせ機能」を利用しないLモードのサービス提供条件

(1)提供地域

 「メッセージ到着お知らせ機能」を有していない一部の交換機の設置されている地域が対象となります。対象となる局番については、以下のホームページにおいて公開します。
 なお、該当の交換機に収容されているお客様は、全国のお客様の約5%です。

○ホームページのアドレス
[NTT西日本] http://www.ntt-west.co.jp/Lmode/
[NTT東日本] http://www.ntt-east.co.jp/Lmode/

(2)提供料金

月額使用料:280円
提供料金
*:協定事業者の使用料です。


従来からLモードが提供可能な地域では、本提供条件を適用することはできません。
今回、拡大する提供地域のお客様に対しては、Lモードをご利用いただくにあたって「メッセージ到着お知らせ機能」をご利用できないことを、お申込時等において、ご案内することとします。また、新たな交換機の導入にあたっては、「メッセージ到着お知らせ機能」をご利用いただけるよう努めます。


3.サービス提供開始時期

 認可後、準備が整い次第、全国の該当地域でサービス提供を開始する予定です。



トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社